fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
中吉
 『厨房で逢いましょう』
 ドイツ映画
 まるっとネタバレ。
 137kgでおそらくは童貞(心臓に悪いからと、医者にSEXを止められてる)の中年のシェフ(官能的な料理の達人とかで有名)が、とある人妻と出合って、坂道を登って転がり落ちる話。
 番宣では、大人の恋愛とありましたが。
 これ、恋愛なんかなぁ。
 倦怠期の奥さんが、偶然知り合ったシェフの料理に魅せられるのはいいんですが。一人300ユーロするというコース料理オンリーなので、家の手伝いしてるだけの奥さんでは食べに行けないし。でも、めちゃくちゃ美味しいので、もう一度食べたい。思いつめて、シェフのうちに押しかけて、シェフが試行錯誤してる料理を無理やり食べさせてもらう。
 でもって、ごり押しに近い感覚で、シェフの家に通いつめ、旦那に浮気と疑われるんですね。
 シェフは、ひそかに、奥さんに思いを寄せてたりするんですが。この奥さんの行動って、考えようによっちゃ、相手の好意を知ってて、相手の戸惑いを利用してて楽しんでるだけのような。悪魔だよな。
 ほんの少しの救いは、奥さんとの交流によって、シェフの腕が格段に上がるんです。でも、奥さんが旅行から帰って、味見しに来る予定の日に来ないと、その日のコース料理は、まずくなるというのでは、本当によいのか悪いのか。
 で、まぁ、この奥さんの旦那というのが、元弁護士で、どうやら弁護士を続けられなくてお家(軽めのレストランとかカフェのようなのを家族でやってるのね)の手伝い(客にダンスとか色々教えてるっていう感じ)で、それにコンプレックスがあるような気配。金髪のダーリン(『奥様は魔女』テレビ版ね)って感じの旦那さまです。結構ぐだぐだなタイプです。へたれってだけなら魚里萌えますが、違うんですね。駄目駄目なタイプかと。
 奥さんのおなかに宿った子供が、シェフの子じゃないかと遊び仲間が面白おかしく噂してるのを聞いてしまってからの旦那の行動が、もう、最低で。
 見栄っ張りも言いとこな気がする。
 しかも、暴力的。
 シェフの家に不法侵入して、ワインセラーにあるシェフの集めた年代物のワインを全部壊すんです。この性で、シェフは破産して、店は閉めないといけないは、家は手放さないといけないは。
 仮にも、元弁護士がする行動じゃないと思われます。
 シェフも、警察に言えば、これ、犯罪になると思うんだけどなぁ………。
 浮気を疑われてるから、言わなかったんだろうか? 仮にも自分は奥さんに恋心を抱いてるしとか、気がとがめて? 気弱すぎる。わかる気もするが。
 で、まぁ、そこまでシェフを追い詰めておいて、奥さんにシェフにしたことは言わずにクルーズに出ようという旦那。
 最後に奥さんに会ってから出て行こうと覚悟を決めたシェフが奥さんの家に行ったとき、奥さんは旦那の所業を知ってせめてワインは弁償しなさいとか色々もめてて、それが元で、旦那、シェフに暴行を加えるんです。奥さんを部屋に閉じ込めてるし。
 逃げ足には自身のあるというシェフが逃げて、巨体で木に上るんですが。
 旦那が、自分の妻を愛してるんなら、出て来い――と、煽っちゃう。
 シェフも出なけりゃいいのに。
 今まで自分は色んなものから逃げ続けてきた。今度こそ逃げない。
 そう決意してしまう。
 で、ですね。
 体重のせいもあって、枝が折れるんです。
 もしくは、覚悟を決めて飛び降りたのか? この辺、謎ですが。魚里は、前者だと思ってるんですが。
 運悪くか、真下に旦那がいて、うえから、137kgの人間がまさに真上から降ってきたんです。
 はい。
 間違いなく、即死です。
 首の骨折ってるわ。あれは。
 で、シェフは旦那の生死を確認後その場から逃走。
 自首したのか、単なる逃走なのか。その辺は書かれてなくて。場面が変わるんですね。法廷です。
 こうして、自分は、彼女の旦那を殺したんです――――今までの話は、法廷での告白というわけです。
 さてさて、シェフが刑に服して数年後、奥さんが二人の子供を車に乗せて、どこかへドライブ。
 そこは、アウトバーンのサービスエリアかなんかで、そこの路上販売の食堂が、ミシュランの星ひとつを獲得したとか何とか、車のラジオで流れています。
 そこには、刑務所を出たシェフの姿が。
 奥さんは、子供二人を連れて、シェフと再会を果たすのでした。

 う~~~ん。
 食欲と性欲(これは、旦那との倦怠期をどうにかしたいとか、二人目のこどもが欲しいとか色々あるのね。)を満たしたいばかりの女性が、一人の男をドツボに落とし込んだ話な気がして仕方がないんですが。
 どうなんでしょうね。
 これを、大人の恋愛というのか。
 まぁ、前に、『ダス エクスペリメント』――看守役と囚人役の被験者のデータを取ろうとした悪名高い実験の映画ね――を貸してくれた友達が、ドイツ人の恋愛って、車にぶつかる事故のようなもんって感覚らしいよと面白いことを言ってましたが。
 一方的に追突されて、何度も轢きなおされてるようなシェフが、可哀想な気がしましたね。うん。
 最後のシェフの笑顔は、すっきりとしたすばらしいものでしたけど。そこまで吹っ切るまで結構大変だったに違いない。
 この二人の間に恋愛があったのだとしたら、この後は、ハッピーエンドなのか? そうなんだろうか? 大人の恋愛はそんなことには拘らない? う~ん。謎だ。
 お気に入りは、ちょいやくですが(またかxx)シェフの給仕頭(一人だけだが)のルードビヒさん。前に事故で聴覚と喋ることができなくなったという小父さんなんですが。シェフの店が閉まった後、どこへともなく去って行ってたのだけど、シェフがドライブインで復帰したとき、しっかり給仕として帰ってきてるところが、なんか、好きだなぁ。雇い主と雇われ者ってだけじゃなく、きっとしっかりとした信頼関係で結ばれてる友達なんだろうな。違うんだろうか?



 『ストンプ』
 カナダ映画
 ストリート系のダンスで汗を流す若者の話。
 見も蓋もないなこの説明。
 でも、まぁ、これだけだと思われます。
 この手の話は、王道のストーリー展開で、可もなく不可もなくです。


 あとは、ルパン三世シリーズ三本。『バビロンの黄金伝説』『燃えよ暫鉄剣』『お宝返却大作戦』。
 『お宝~』が一番好きです。なぜかって、女の人と恋愛がらみじゃなくなると、五右衛門さんが、文句なくかっこよく色っぽくなるんだもん。ストーリーも、これは、スピーディーだし好きです。悪役のラッツが、あまり乱れず、悪党を好演してるあたりもツボですな。底の浅いすぐに乱れて自滅するタイプが最近多いからなぁ。


 めちゃくちゃ久しぶりに『ぽちたま』を見ましたよん。ビデオも調子悪いし、最近じゃ母がチャンネル権離さないし、見れなかったのですが。
 アイリッシュウルフハウンドがご主人様に甘えるようすが、めちゃくちゃ可愛くて~でろでろになって見てました。羨ましいなぁ。いいなぁ。抱き癖のついた大型犬って、外見とのギャップがめちゃくちゃ可愛い。もう、あんな甘え方されたら、めろめろだよなぁ。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる