fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
 脳トレで、やっと20歳に。
 でも、夜やると、28歳なんだな。

 祖母と母を連れて買い物に行ってました。
 レピシエかラピシエか、それとも他の名前だったか、お茶の店で、梅のフレーバーな緑茶を買ってみました。匂いが凄いvv 仁丹を思い出しますよ。
 ただいまコーヒー党な魚里なんですけどね。う~ん。

 えと、『犬夜叉』最終巻と、『八雲百景』1巻(景じゃなく、鬼だったか?)を購入。

 犬夜叉はねぇ、別に毎巻買ってるわけじゃないのですが。最終部に突入したあたりのりんちゃんと殺生丸が出てるとこだけね。この二人だけが好きという極道者なので。うん。他はどうでもいいのだな。きっぱり! で、そうか。こうなって、公式なわけですな。と、納得。相変わらず無表情な殺生丸と、その寵愛を一身に浴びてるりんちゃんが、ほほえましいぞ。大人になったらハッピーエンドをぜひとも。

 八雲~はね、ミステリ小説の八雲じゃなく。小泉八雲がらみの伝奇漫画です。なんとなく手に取っちゃうのだなぁこの原作者の話。最後まで読むのはまれなんだけど。『黒鷲死体宅配便』とかいろいろ読むの途中で止まってるし。ハンサム系とか美形な男の人がひとりも出ないのが、寂しいんですけどね。約一名、へたれな大学生がいるので、ちょっと、○? かもしれない。どうせへたれな脇役が好きですよん。


 いまだ、萌を模索中です。
 春日なんとかさんというBL作家の『壊さずにはいられない』を読んでみようか悩み中です。
 春日なんとかさんは、今まで読んだことがない作家さんなので、二の足二の足。ただ、表紙のイラストが、結構、好みなんだな。主人公が美人でも可愛いでもなく、案外整ってるんだけど普通の男の人って感じで。そこが、ちょっと、魚里をつついてくれるんです。しかも攻めが、Sだそうで。相手がよがるより嫌がってるほうが悦ってタイプなのが、萌えなんですが。が、読めるかどうかが、一番のネックなのだね。うん。イラストに騙される場合も多々あるからなぁ。悩むより先に買わんといかんのだが。


 このごろは、多分ペットロスらしいです。夜になると涙が出てきたりして。切ない。
 ミーシャんは、行方不明になった子だったからか、霊感が強い黒猫(一説には、黒猫白猫シャム猫の順で霊感が強いらしいですね。アメショーは、めちゃくちゃ低いらしいですvv ほんまかいな。)だったからなのか(なら、ピン子もエメも黒だったんだけどね~二匹ともメスだったからだろうか?)、行方不明になって数日後、ぼろぼろの姿で夢の中に登場してきて、魚里が差し出した掌に頭をポトンと載せたんですね。これがただの夢じゃないと思ったのは、夢の中のミーシャんの存在感がリアルで、掌にすっごく感触が残ったからなんですね。これで、ああ、ミーシャん死んだんだなぁと、わかって、悲しかったのですが。ぼろぼろの姿だったしね。でも、なぜなのか、頭だけが結構大きくて。自分だとわかって欲しかったのかなぁと思ったり。で、それからまた暫くして、こんどは、ぴかぴかつやつやのミーシャんが夢に出てきて、すっごく嬉しかったんですよね。ああ、いいとこにいるんだなぁって、わかった気になって。
 だから、ロイも夢に出てこないかなぁと、毎晩思ってたりするのですが。駄目ですね。出てきてくれません。今日で七日なんだけどなぁ。ま、まぁ、出てきたら、泣かない根性はないのですけど。でもね。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる