fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
大吉
 DVDです。

 四本レンタルして、二本見ました。
 『カンタベリー城と秘密の扉』と『ビーナス』『リトル・ミス・サンシャイン』『ルルの冒険』の四本。
 見たのは、前二本です。

○ これは、前にオスカー・ワイルド原作の『カンタベリーの謎』とか何とか言うのがもう一度みたいと書いてましたが、それの別バージョン。なんせ、イギリスの話をドイツがやってますから。全編ドイツ語。役者も多分、全員ドイツの人。
 ま、アリッサ・ミラノが主演でやってた話のほうが好みなのは云うまでもなく。
 こちらの主役は、十歳のポール少年。幽霊が特撮で某伽スパーを間延びさせて悪年寄せたような感じで。人間でやって欲しかったなぁ。
 内容もぜんぜん違いましたしね。

○ これは~以前に買おうかどうしようか悩んでたもの。買わんでよかったかも。いえ、内容は面白いんですけどね。
 少々年取りすぎたロリータをイメージしてしまった。
 ピーター・オトゥールがさすがな演技というか存在感でしょうか。今にもばったりいきそうな老人なのに、十代か二十代前半の女の子に恋してしまって振り回されるんですね。うん。
 女の子のまぁ、悪辣というか、考え無しというか。失恋中絶といろいろあって、結構自棄だったんでしょうが、田舎からロンドンに出てきて不良になるという王道の道を進むんですけどね。
 年寄りそこまで利用しますか。
 とか、じいちゃん~~~そこまで狂いますか――とか、少々物悲しさが漂います。
 ラストは、少々の救いがあったのでいいのですけどね。
 年寄りとか往年の俳優がお好きな方には、楽しめるのではないかとvv
 オトゥールさんの親友役、レスリーなにがしさんがけっこう、渋いかな。二人並ぶと小柄だが。
 でもって、二人、境界でワルツを踊るシーンはなんというか、迫ってきます。長年連れ添った親友だからこその、なんかこう、云うに云われぬ雰囲気で。きっと、彼は、少々ボケ来てるんだな。自分が云ったこと忘れてたりするから。
 彼もまた、女の子に惹かれてるらしいことを監督が言ってましたが、そうか? そんなシーン一個もなくて、結構身勝手な年寄りを演じてるなぁという感想だったのですがね。自分の思い通りの純朴で優しい女の子じゃなかったから、結構切れてる毎日ってあたり。う~ん。

 今回は、ホラーは一本もなし。といいつつ、カンタベリーは、ファンタジィだね一応vv
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる