fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
え~と
 何書こうと思ってたのか、ああ、そうだ。創作状況というか近況です。

 ついつい反応をいただけるのに手をつけてしまうのは、仕方がないですね。うん。ということで、『散華月』に、手をつけてたのですけど……数キロバイト書いて、ふと気がついたんですね。
 よくよく考えると、『散華月』は――― 一人称! 浅野くんの。なのに、三人称で書いてた。ありゃ~。これは、全部没だな。残念。もったいな~。もっかい整理して書き直さんとダメかxx

 今日の夢~が、実は、『散華月』の話の流れを大きく変えたのですが、う~んさて、どうなりますか。
 いや、夢の内容は、『まかすこ』だったのです。
 なんか、火の民vs.みづち一族の構図で、涼くんはあいかわらずみづちの若長の愛人をしておりましたが、なんかの拍子にみづちの結界から弾かれて、あまつさえ、記憶喪失に。不幸中の幸いは、火の民の若長……ようは、弟の風太くんに救われたってこと。けど、記憶はないまま。とりあえず、火の民の結界の中に。
 が、戦況は激しさを増して、火の民が劣勢に。
 最終的に、若長とその側近をはじめ数十か数百くらいが生き延びてるんだ。で、城に篭城。
 そんな中、みづちより、文が届く。
 いわく、涼くんを返してくれたらこれ以上の攻撃はしない。迎えに行くとかなんとか。
 で、涼くんは、あいかわらず記憶がないので、怖いようなきがしておろおろしてる。
 と、白蛇の姿をしてる(人型だったか?)多一郎さんが、結界の中に踏み込んでくる。
 そんな夢でありました。
 これをどう弄れば、『散華月』に繋がるのかvv わかる人はピンと来るのだろうか? う~ん。さて。

 今日、注文してた『夢幻紳士 幻想篇』by高橋葉介 が、届きました♪
 これ読み始めて、あれ? っと思ったのは、まーちゃんが、滅茶苦茶優しい。なんで~。女癖悪くて、皮肉屋で――って、まーちゃんこと、夢幻魔実也さんなのに~~~~。とまぁ、読み進めてったら、ああ、なるほど。でも、いいなぁ。こういうの。ふっふっふ。
 まーちゃんを最初に読んだのは、朝日ソノラマの漫画少年だった気がする。父方の叔父さんが、漫画少年をずらっと保存してたのを、夏休みに帰省する度に引っ張り出して読んでたんだな。最初は、『テラへ』(最初は、ソルジャー・ブルーのファンだったのが、いつのまにか、キース・アニアンのファンになってた)が目当てだったりして。でもって、初めて読んだ、高橋葉介さんの漫画は、『エホバ(漢字忘れた)博士の診療室』だったか、『仮面少年』だったかでした。それ以来追っかけて、漫画少年を買った記憶がありますね。基本的に、すちゃらか活劇のまーちゃんより、怪奇編とかのまーちゃんのが好きだったりします。
 で、今回のまーちゃんは、言ってみれば、乙女の夢♪ ですね///
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる