fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
戯言
20050530193933.jpg

 微熱は引かないんですが、昨日、どろなわで、『巷説 百物語』を読んでて、書きたくてしかたなかったんですよね。

 何に触発されてんのやら。そうだ、内容、アニメとぜんぜん違うの。事件とかは一緒だったと思うんですが。しかし中には、別物もある。まったく別物だなぁと思ったのが、『舞首』おい! アニメのほうがあぶなすぎというか、イッちゃってる。祖母と母とで雁首揃えてこれ見てて、どうしようと思ったもんなぁ。で、まぁ、アニメのほうが好きだよ~と思ったのが、やっぱ、『芝衛門狸』だな。あの切なさやりきれなさで、アニメのほうがいいと思ったのだった。うん。

 まぁ、どうせぶっ倒れてても、家で使われるしなぁと、やけくそというのもあったりして、書いてみました。
 だから、治らんのよ。はぁ。

 まぁ、そんなこんなで、『散華月』2アップ。短めですが、3時間だったかで書き上げたブツなので、こんなもんでしょう。
 最初はね、『夏翳』に手をつけてたのですが、書いてたら、自然に一人称になってしまって、どうにも手がつけられない。『夏翳』は、視点を半ば浅野くんで固定してる三人称だし。これは、『散華月』を書きたいのか? と、自問自答して、そちらを開いてみた。するするとは行かないものの、いろいろとバックグラウンドとか考えてまとめかけたので、あそこまで。あそこまでは、でも、よく考えてみると、最初の思惑通りなんだよね。
 あとは~時間すっ飛ばして、陽子ちゃんたちに登場願う予定なんですが。うまくいくかどうか。そうなると、捕物っぽくなるよな。エセでへたれな捕物もどき………。

 しかし、私って、どうしてこう、プロローグのつもりの断章(?)で途中を総括しちゃうかな。これは、癖なんですけどね。
 下手なんやから、そんなことするな――って、いわれたこともあるけど、こう括っちゃうの好きなんですよね。最初からとつとつと書くのもいいんだけど、なんか、好き。時間経過とか、読んでるひとにはわかりにくいかな~って、思わないでもないんだけどね。うん。

 ここのとこ、なんやかんやでジュネものを読み漁ったりしてたのです。時々、投稿規定とかあるのに目を留めて、ぼーと読んでて思うのは、どこにも合わんってこと。いや、投稿するほどの腕じゃないので、しませんが。
 だってねぇ、全文の三分の一が濡場、しかも臨場感あふれるって………。無理。絶対無理です。寸止めとか、どうやってそれらしい場面を示唆するかに力入れてるからな~。リアル―――は、ダメだ。十八禁とか十五禁とか、年齢指定するほどのものじゃないだろうモノしか書けんもんな。
 それとか、舞台は日本に限定とか。明るい学園モノとか。ファンタジーはダメとか。
 おい~~~どの規定も抵触するがな。
 などと、喚きつつ。ま、投稿せんしなぁと、見てる。
 指咥えてる。
 少しはしたいと思ってるらしいんでしょうね。この思考って。
 でも、所詮、エセですから。いや、所詮、マニアックもどきですからね。もすこし、イッちゃってたら、思い切りもつくんでしょうが。どうも、生半可だからなぁ。ううう。

 熱あるみたいなので、戯言戯言。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる