fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
Surprise!
 び、びっくりしました~。
 Tさまよりの情報で(今更Tさまのことを伏字というか頭文字にする必要はあるのか? という疑問は置いておいてvv Tさま、ありがとうございましたvv)、マライヒって、三人の子持ちなんですって!!!! び、びっくり。間違いなく男の子というか、男のひとだったはずなのにっ! えええええ………「パタリロ」からはなれて結構時間が経つなぁという感慨もひとしお二塩/// やっぱ、バンコランの子なんでしょうねぇ。はは。バンコランが、三人の子の親。なんだか、凄い。魔夜峰雄。この字だったか??

 魚里的に、この漫画家さんのかかれる漫画は、ホラー系というか、耽美系の西洋妖怪物が結構ツボだったんですけどね。一巻あたりにのってた、悪魔かなんかの兄と妹の話とか、何巻だったんやらな、森で迷った母が悪魔と契って生まれただろう美青年の話とか。―――大分前にも、このネタ書いた気が??

 先週から書き始めてる話、まだ終わらん。
 ううう。
 なんか、最近、書き書けばっかフォルダにたまっております。
 吹き溜まり………。

 なんか、こう、魔が差しまして、理由は関俊彦さんがキャラの声をしてるっていうだけで、「バイオハンター」ってアニメのOVAをぽちっとな/// 内容がグロでエロだったらどうしようxx とりあえず、18禁の表記はなかったと思うんだけどな。さて?
 関さんといえば、昔は受け声のかただったのに、このごろは、攻め声になってしまわれましたね。これは、時間の流れのためなのか。それとも、意識して幅を広げられたのか。ま、ぁ、どちらにせよ好みの声なので、いいんですけどね。

 むかし、OVAの「魔獣戦記」っつーのを見て困った記憶がありますが。あと、けっこう評判を呼んでいた「マダラ」をラストまで見切れなかったへたれですが。やっぱ、父親と雁首揃えて見るアニメではなかったなぁvv いたたまれんが! ちなみに、父が最後まで見たのかどうか、知らないvv

 このごろ新刊の小説は、怪談づいてます。
 って、まぁ、「てのひら怪談 2」を今日買ったんですがね。
 昨日まで読んでたのは、リチャードジュリーシリーズの「エルサレム亭の静かな対決」とかなんとか。まだラストまで行ってませんけど、再読だしね。二十年前の出版ですvv やっぱ、メルローズ小父様が好きです♪

 新刊の漫画は、「王家の紋章」(お受けって一括変換される魚里のパソコンってxx)と、「エル 海を守るもの」「悪魔の花嫁 最終章」です。

 ま、王家~は、もう読むのがきつかったりしましたね。う~ん。イズミル王子が結構好きなだけに、引き時をわきまえてくれればなぁと思ったりします。彼は、悩むのが色っぽいタイプではありますけどね。

 エル~は、良くも悪くも高橋さん調全開ですね。できれば、エルに惚れた人が、彼を追っかけてどこまでも突き進むって話にならないことを祈っております。そういうパターン多いんだよね、このひと。で、えてして、追っかける少年が悲惨な目に合う合う。読んでるほうが辛くなるんだよ、これが。

 悪魔~はね、テンポが変わったなと。結構スローになりましたね。以前は一話完結でさっさと進んでたのに。そのほうが、魚里的には、いいな。特に、今回の一話目は、今一こう、話に嵌れなかった。なんででしょうね。迫ってこなかったのだよ。もう一話は、前編だったので、不安ばかりが膨れ上がります。彼女、彼女を殺したのかとか。ラストの悲惨さがしのばれるんだよなぁ。話が話だし。

 そういえば、「黒執事」4も買いました。シエルのめちゃくちゃハードそうな過去が辛いですね。しかも、それが、たった三年前って。なんだかんだと、ユキカオリさんをイメージせずには居られない。あと「ヘルシング」とかね。絶対影響受けただろう。この漫画家さん。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる