fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
夢日記
 夢の中で、主の祈りを唱えていた魚里です。
 なんでやねん。
 しかも、内容が、相変わらずvv
 システィナ礼拝堂があるのって、記憶が正しけりゃバチカンだったような気がするんだけど。
 魚里ってば、留学して、システィナ礼拝堂らしき建物のお隣さんの下宿に入るんですね。
 で、まぁ、そこは結構人気のある下宿らしいのです。元貴族らしき老婦人が一人で経営してるとか何とかで。それで、魚里がそこに下宿できるようになったのには、イワクがあって。先に下宿してた日本人の女の子が、どうやら、留学先で殺されるかなんかして、入院してるんだか、いなくなったんだか。
 急遽の欠員補充が、魚里なのでした。
 魚里は単純に喜んでるんだけど、その夜、女の子の幽霊がやってくるのね。
 キャーとか叫びながら、逃げ惑う魚里。
 ドアを開けたら入ってくるのに、ドアを開けて、逃げ出す。
 で、大家さんが、自分の部屋に匿ってくれるんだけど。
 そこにもやってくるのね。
 ところが、そこにやってきた女の子の幽霊は、すでに幽霊じゃなく、悪魔に変貌してるわけで。
 どうやら、女の子の幽霊に、悪魔が取り憑いていたとかいう設定らしい。
 で、まぁ、魚里、なぜか、小説を読んで、そこから逃れるすべを知るわけです。
 そう。
 システィナ礼拝堂のお隣なのに、堂々と悪魔が入ってきてるっていうことで。
 魚里、主の祈りを唱えながら、時間が来るのを待ちます。
 必死で唱えてるんですよ。
 で、朝日が、システィナ礼拝堂のステンドグラスを通り抜けて空に向かって、放たれる。これは、夢だからこその光景ですが。
 まぁ、薔薇窓のステンドグラスの色が綺麗なこと。そこに薔薇窓があるのかどうか知りませんが。
 で、高い塔が黒々とした陰になって、悪魔に迫り来る。――黒々となんだけど、どうやら、巨大な十字架になっているらしい。
 もう悪魔はやっつけられるんだーと、思いながらも主の祈りを唱え続ける魚里。

 そんな夢を見たのでした。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる