fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
古書店アゼリアの死体  だったかな?
 若竹七海さんの、小説です。
 最近というか、あいかわらず、古い本引っ張り出して読んでますが。
 この本読むと、ビクトリア・ホルトさんの小説を読みたくなる。もっとも、魚里が持ってるのは、『愛の輪舞』だけなんだけどね。できれば、『女王館の秘密』を読みたい………。昭和53年頃出版らしいがxx

 ともあれ、今は、『悪いうさぎ』同じく、若竹さんの小説を読んでおります。

 そうそう。某Tさまが恩田陸さんの小説を読んで面白かったと、前に書かれてましたが。魚里は、読もうと購入するものの、途中で挫折する傾向にある作家さんです。多分、唯一最後まで読めたのが、『不安な童話』な記憶があります。これは、好きですvv

 あと、魚里は、恩田さんは、今邑彩さんと混同する傾向がxx 『不安な童話』と『翼ある蛇』が、どうも同じ作者だ~と思ってたりする。多分、落ち着いて読めば、ぜんぜん違うんだろうけどね。『ブラディ・ローズ』とか、けっこうオーソドックスな作品なんだけどねぇ。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる