fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
が、がんばりましたvv
 って、レンタルDVD なんですけどね。
 明日というか今日返却期限なもので、必死で見てました。今までかかった。

 『アポカリプト』と、『TAXI 4』の2本です。

 『アポカリプト』……久しぶりに、大勢が出る映画です。猥雑なマヤ文明ってイメージですかね。爛熟腐敗しきってる感じで。それに対する自然の民。まさに、対比ですね~。最後、あれっと思わないでもなかったですが。それなりに、面白く見ておりました。確かに、躍動する男の肉体美。腰巻一枚の男の人が走るは飛ぶは転ぶは。残酷といえば残酷ですが。魚里的にイメージしてたのは、全員を一斉に解放して、それを王の命令で兵士が追いかけるって感じだったのですが。違ったのですね。まだ、捕虜の請ってますし。彼らはどうなったんだろう………?
 ネタバレ。
 最後、あれっと思ったのは、おいおい。ジャガー・ポゥ仲間を救わないのかね。ってこと。まぁ、一対大多数じゃ、無謀すぎですからねぇ。お利口な選択といえば、選択です。
 スペインの桓堆……艦隊なのかね? それともポルトガル? イギリスって言うのもありだろうか? 多分、スペインあたり。でもって、マヤの滅亡か。インカとマヤとが頭でクロスオーバーしてる魚里ですが。さてさて。
 思ったこと。ジャガー・ポゥって、もしかして、すこーしばかり、鼻持ちならないタイプだったのかねってこと。あ、捕虜になる前ね。どうなんかなぁ。それともあれくらいのおふざけは仲間内ではお約束なのか。名前を忘れたが、儲け役の彼、結構セックス方面のネタで虐められてましたよね。彼は結構堪えてて、いつか仕返ししてやる――みたいなこと言ってたので、彼が裏切るのか? とか思ってみてたのですが、彼は、結構いい役で、お人よし。大男なのに人がいいから、からかいのターゲットになってたって感じなんねぇ。哀れなxx でもまぁ………。
 首なし死体の平原を越えるシーンは、吐き気がしそうになりますが。作るほうも、大変だったろうなぁ。
 ちょっと萎えたのは、動物が、CGだろうなぁって、丸判りだったとこかな。魚里はそう思ったんですがね。最初のバクとか、ジャガーとか。違う?
 ともあれ、好みは分かれるとは思いますが、グロいのとか残酷なのとか平気な方はオッケーだと思うんですがね。
 うん。ラストは、『ダンス・ウィズ・ウルヴス』の小規模バージョンって感じかなぁ。

 『TAXI 4』……期待したんだけど、ちょっと、おとなしい? コメディタッチは結構聞いてるんだけど、タクシーのスピード面が、あまり出てないなと思ったのね。主人公結婚して、結構小さくまとまってる? そんな印象。ちょっと爽快感がなかったね。残念。

 さてさて。

 最近読んでた本は、『エコール・ド・パリ殺人事件』というもの。
 なんか、最初は、オーソドックスな探偵小説かなぁと思ったのね。なんか、神津シリーズとか金田一シリーズとかあの辺の系譜かなと。言ってみると、文法が、少々、その、古色蒼然とvv 丁寧なんだけどね。でもって、主人公の警部(警部補だったか?)も同じく主人公だろう警部の甥も、あまり印象的ではなかったのだ。どっちかっていうと、警部になるのかね? オオベシミさん(漢字の検索がめんどいのでカタカナxx)のほうが、印象的でありました。
 犯人はね。すぐ割れます。理由は魚里少々うがちすぎでした。タイトルをかんがみるべきでしたね。
 かわいそうなのが、知的障害者の勘平くん。少しも報われておりません。合掌xx
 続編が出たら、買うかどうか、なぞではあります。

 んでもって、久しぶりに、『百舌の叫ぶ夜』を。買った日をメモ書きしてたので、それから逆算すると、19年ぶりっぽい。ジュネというよりは、サブって感じかねぇ。う~ん。即物的。ま、内容は、推理ものだと思うんですが。

 今は、島田荘司さんの、『眩暈』ですvv これも久しぶりvv
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる