fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
化け猫 + 追記
 やっと見ました♪
 最後、猫の喉を撫でてる薬売りさんが、好きvv あと、化け猫に襲われるシーンの髪がばっさりと顔にかかって、それからまた顔が現われるシーン、萌えvv
 あの猫の服とエリザベスカラーがめちゃくちゃ、なぞ。あの時代にエリザベスカラーがあったのか? それとも違うのか。まぁ、いいんですけどvv
 ただ~今回の被害者は、魚里的に、ちょっと苦手なタイプだな。あまり共感は出来ませんでしたが。まぁ、それでも、殺されるまでではないので、かわいそうという点ではかわいそうなんですけどね。
 それで言うなら、あの猫。被害者の血を舐めて、それで轢かれたのか? なぞだ~な。血を舐めたから、そのときの怨念とかいろんなのが、混ざって、それで化け猫化したんだろうなぁという想像はできるんだが。ふつう、電車が迫ってたら、猫だって、逃げんか? と、つい、突っ込んだり。まぁ、猫は、追っかけられると、まっすぐに逃げたりするので、結局、轢かれたんだろうなぁ。
 通りすがりの猫が、かわいそうですよね。
 同じタイトルで行くなら、一回目のほうが、凄惨美的な要素があって、好みといえば好みかもしれない。
 作画はね~~なんか、被害者とかハルさんとか、時代背景が同時代的だからかもしれませんけど、丸尾末広さんチックでしたよね。特に大詰めの殺害シーンあたり、なんか、ああ~丸尾さんだ~と、思って見てしまった魚里でした。

 追記vv
 化け猫のネコさん、もしかして、猫の王設定だったのでしょうか? エリザベスカラーじゃなくって。DVDのケースのウラ絵見るまで気づいてなかったりxx でも、言っていい? 猫の王だとしては、死に方が………あの、その、ま、……ぬけ……………。小学生の読み物かなにかで、明治時代くらいに化けて列車と競争して死んだ狸が祭られて神格化するって童話がありましたが。あああ、なにを言ってもくさしてるみたいだ。イエイエ。決して。ちょっと思っただけで、好きだからこそなんですよ~~~xx 必死!

 んでもって、猫の喉を撫でてる薬売りさんシーンに魅せられたものですから、それを高遠くんにシフトチェンジしてたりする魚里。
 絶対! 高遠くんは動物好きだもん♪ ついでに、子供好きだし。
 魚里的に、動物好きキャラは好感度が高い。でもって、高遠くんは、絶対なんだ~~! と、主張して止まない魚里ですvv
 さてさて、で、高遠くんに合わせるなら、金目の黒猫で。とか考えてるんですが。それやると、高遠くんが化け猫っぽい話になりそうですよね。
 う~~~ん。
 む~~~~~ん。
 大好きなご主人さまを殺されて、復讐する、黒猫高遠。
 昔々の化け猫騒動は、飼い主に化けて復讐するのが王道でしたが、時代の変化のせいで、自己主張? それとも、大好きなご主人様が、実は、高遠くんだった―――あ、これ、いいかもvv シチュエイション的に、こちらで。
 とすると、ジャーマネ高遠くんっぽいご主人様が、殺されて、傀儡子高遠くんバージョンの黒猫が、復讐してゆくと。
 ラストは、ほら、あのひと、え~と、わたなべまさこさんの描かれた一篇にあったみたいに、こときれてるご主人様に寄り添って眠るように横たわる黒猫――――。
 どうでしょうかね。
 高遠くんしか出ない話ですが。
 あえて、はじめちゃんを出さなかったり。
 ご主人様がはじめちゃんでもいいですが。そうなると、前の段落に戻って、高遠猫は、自己主張で高遠くんになるって感じですしね。
 なんか萌えてきましたが、ここでラストまでネタばらしてるからなぁvv 覚書も兼ねてたりするしなこれ。
 書けたら、書こう。 ← あいかわらず極道な魚里です。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる