fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
悪の華
 完読しました~vv
 面白かったですよっ♪
 続き、『聖殺人者』を読みたいと思ったくらいですしね。

 さて、見も蓋もないくらいネタバレありです。

 読みきって叫んだこと。
 ―――主人公以外全員死んだ~~~~~xx
 はい。
 ほとんどやくざ関係の登場人物がメインなので――と思えばいいのかもしれませんが。命軽いです。
 グロイとかエグイとか、あまり思いませんでしたが、命が軽~とひしひし感じておりました。

 主人公は、シチリアのマフィアのドンの息子。で、父親の部下に家族全員殺されて、命からがら日本の叔父のもとへ。そこで、お金をためて、兵隊を雇って復讐をする腹積もり。で、日本円で五千万で、やくざの若頭に雇われます。
 片桐さん。――このひとの小心さと小者さとずるがしこさとを、きっと作者は楽しんで書いたに違いない。
 片桐さんが狙うのは、ずっと嫉妬し続けてる不破さん。――情け容赦ない殺戮マシーンって感じの人。片桐さんとはほぼ全部が正反対。ハンサムらしいし。ただ一点、欲望だけが、ふたりの共通点だな。
 で、不破さんは、組のトップに食い込みたいらしく、中国マフィア、上海と福建かどこかを争わせて漁夫の利を狙ってる。そのために、策を弄するわけですね。
 さて、その不破さんをターゲットにする主人公、ガルシア。―――日本とのクォーターで二十代半ばのハンサムさんだ。ついでに、自分の子供の頃のミスで妹を盲目にしたって罪の意識から、童貞を心に誓ってる。――一ヶ月の準備期間で、三人の部下をスナイパーに育てないと話にならない。で、育てる。その間に、盲目だった妹を髣髴とさせる真澄って女の子を助けたりしたりしたり。
 そうして、ついに、決戦の火蓋は気って落とされたのでした。
 こんな感じの話なんですが。
 この中に出てくる脇役で、不破さんの部下で、表向きはペットショップオーナーのやっぱ二十代後半の青年、柏木さんがお気に入りだったのでした。不破さんをして、天使の顔を持つ悪魔と言わしめる、凄腕のスナイパー。でもって、柔和で人懐っこい顔をしてて、ハンサム君vv この彼が、高遠くんを髣髴とさせるんですよね。でも、結局、殺されちゃう。最後の最後に、あっけなく。冷徹なんだけど、さすがに、最後の一パーセントほどは、非情とまで行かなかったらしい。残念。
 もう一人、こちらは、ガルシアがスナイパーに育てた竜崎君。やくざの下っ端で、結構お約束の行動をちらほらしてたのですが、腕が上がるにつれて、いい味が出てきました。なのに~~~彼も、あっけなく。残念。

 結構いいキャラを次々殺してるから、続編はどうなるのか。気になります。

 が、とりあえず、次は、『~き死神』。忘れたxx イギリスのミステリーで、主人公が墓石研究者だったりvv 面白いといいなぁ。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる