fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
水の中の犬
 木内一裕さんというかたの、「水の中の犬」を読み終えました。
 以下ネタバレです。念のため。
 ハードボイルドです。
 久しぶりのハードカバー。腰帯の文句に惹かれたのがきっかけだったのですが。
 三分の一ほど読んで、ううう、この探偵、死ぬなぁと思って、読もうかどうしようか悩んだんですけど結局先が気になったので、読み進みました。濡れ場がなかったっていうのが読みやすかった一因かと思われますが。――枯れてるからな。魚里xx
 結構人が死にます。
 日本が舞台で、元刑事の探偵が主人公の割には、バタバタと。容赦なく。
 探偵も、五人だったか人殺しますし。まぁ、殺された人は皆さん悪人ですけどね。いろんな意味で。
 キャラクターが結構魅力的。
 主人公の探偵のやさぐれ具合とか厭世的というか、諦めきってるというか、妙に面白い。
 探偵の知り合いの情報屋。何かと絡んできちゃ拳銃持てと勧めるのは、探偵さんを気に入ってるから。憎めない人です。
 やくざの矢能さんも、憎めません。ある意味、いい男かもしれませんね。するんとというわけでもないのでしょうが、探偵さんの心の隙間に入り込んだようです。――この表現、腐女子的かな? そういう意味じゃなくですが。探偵さんがお母さんを分けあって殺してしまった女の子を引き受けちゃって、引越しさせるのはしのびないからと自分が引っ越すあたり義理人情の古いタイプのやくざさんだろうと思うんですけどね。
 探偵さんの元部下の木島さんも、結構いい男でしたね。ああ、もったいない。
 で、魚里的にお気に入りが、殺し屋の、ヤンさん。おそらく、偽名。あの後やはりモルジブに行ったのかなぁなどと思ってみたり。探偵さんのその後を知ったら、どう思うんだろうとか思ったり。

 ともあれ、それまでなんとなく探偵家業で過ごしてきてた主人公が、とある女性の依頼を受けて、ころころとチェーンリアクションを起こしてく話―――――と書けば、身も蓋もありゃーせんですが。
 ああそういえば、「チェーンリアクション」も、結構悲劇というか救いのない映画でしたね。魚里的には、「悪魔を哀れむ歌」といい勝負だと思うのですが。

 群れからはぐれた男の人って言うのは、破滅願望に身を任せたくなるんでしょうかね。踏みとどまろうとしていないあたりが、なんつーか、切ないというか、腹立たしい。残された人のこと考えんよなぁ。離婚した奥さんは再婚したから好いとして、血の繋がった娘さんが、切ないよね。最後にワンシーンだけ登場しますが。たぶん、彼女が訊ねてくるって言うのが、情報やさんがいった「いいはなし」だったんでしょうけど。

 血まみれの割には、あまり生々しくなくて、どこかゼラチンの膜を一枚隔てたみたいな感覚があって、それは、探偵さんの感情のせいかなぁと思ってみたり。魚里の読み方のせいかと思ってみたり。
 ともあれ、面白い話ではありました。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる