fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
ハガレンっぽい夢
といいますか。
 ロイさんハボさん、アイさんが出張っておりました。
 ロイさんが、左遷されて、どっかへ飛ばされる日、ハボさんが現われて、俺を呼ばずにどこいくつもりっすかってな感じで。他の部下もずらりと並んで、敬礼。それに感激しながら、ロイさん、アイさんに、プロポーズって。で、ま、結婚式。したら、いきなり、ロイさん、死亡で、埋葬。
 場面転換、ハボさんの実家。かわいらしい雑貨屋さん。ピーターラビットのベビーベッドなんか置いてある、明るい感じの雑貨屋さんでした。そこに、赤いリボンの女の子が。どうやら、ハボさん目当てらしく、リップクリームかなにかを買って帰ったような。赤いくつだったかもしれない。
 そんなこんなで再び場面転換。
 いきなり、不穏な世界情勢。
 世界は、吸血鬼に侵略されておりました。しかも、耽美な吸血鬼ではなく、昆虫が人の皮をかぶってるという吸血鬼。そんなんいやじゃ~と喚いたって、夢。夢はなかなか醒めてくれません。
 で、埋葬されたはずのロイさん。
 吸血鬼になったらしく、昆虫の本体に元の皮をかぶって、友人の元を訪れます。
 が、友人も、吸血鬼。
 あわてて人の皮をかぶる友人夫妻。
 まだ人の心の残ってるロイさんに襲い掛かるも、彼も吸血鬼。友人として、口を合わせて、挨拶するのでした。――が、ロイさん、嫌がってるvv
 さてさて再び場面転換。
 どうやらハボさんは吸血鬼になっていないらしく。
 商店街を歩いていると、でかい吸血鬼がのっしのっしとやってくる。避ける。このままじゃ襲われると焦るのだが、どこに隠れるべきなんだか。そうこう迷っていると、十人くらいの幼稚園児に囲まれた。子供たちも、人の皮をかぶってるものの、吸血鬼らしい。らしいが、見た目は子供。撃ち殺すわけにも、倒すわけにもゆかず、ぐるぐる悩むハボさんなのでした。
 ってところで、目が覚めたのでした。

 なんつー夢やねん。あいかわらず。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる