fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
まだ読んでないですが、今更ですが
 いつもご来訪アンド拍手ありがとうございます。

IMG_1722_20220429165427d3e.jpg
 2冊とも出版されてかなり経ってますが、買いました。本当は他にも欲しいのあるんですけどね〜とりあえずこの2冊。
 あと1冊川原泉さんの新作エッセイ漫画? も買ってますが、発売が来月2日なのでまだ届いてません。どうせ出版日には届かないけどね。

 まぁ、耽美小説やらJUNEからBLになっても足抜けできない元腐女子、今はエーデルフォイレフラウか? わからんが。
 基本は竹宮さんでしょうやっぱり。いえ、まぁ萩尾望都さんでもあるんですけどね。より直接的には竹宮さんよね。JUNEの表紙とか飾ってましたし。まぁ、うお里の場合は、小説JUNEから入ったのですが。そちらも初期は竹宮さんだったような? あとは栗本薫さんの「真夜中の天使」だっけ? の表紙なんかはオーギュだった記憶がうっすらあるし。違ったっけ? 個人的にはこれ主人公より脇役くんの方が好きだったけどね。
 そんなこんなで懐かしさに駆られて買ってみた。が、忠津陽子さんがBL? ってびっくりしましたよ。この人は〜可愛らしい少女のコメディのイメージしかなかったからね。森川久美さん以降? 秋里和国さん以降? は、よく知らないんだけどね。
 ラインナップを見ていて結構好きだったなぁとか、すでに読もうと思った時には古い人になっていて入手ができなくなっていた人とかいたりして。
 まつざきあけみさんなんかはそうだよね。70年代くらいの仲良しの作品なんかは読んだことあるのほんの1冊だしね。偶然手に入った。今でもまぁ買えなくはないけど、作品がホラーになってて、絵がりかちゃん人形に変貌しちゃってるしね。ハロウィン少女コミックスの時はまだ耽美派の絵柄だったんだけどね〜。ホラーMとかの時の絵柄の変貌にびっくりしたんだよね。まぁもともとが繊細な絵だったからお歳を寄せられたらきついのかもしれない。
 森川久美さんは〜「南京路に花吹雪」で絶筆されたのかなぁ? コミックスが出なかったような気がする。戦中くらいの大陸でのスパイものだったよね〜。そんなわけで苦手だったんだけど、もっと昔のヴァレンティノシリーズとかが好きだったのよね。中世ヴェニスだったかどっかの頭首………ドージェが主人公の話。男装の令嬢だったのよ。
 そんで、御大竹宮さん、個人的にもう読めなくなった「風と木の詩」はともかくとして。「変奏曲」がね〜好きです。が、これって、ハードカバー版はあるけどもしかしてコミックスになってない? なった? 知らないんだよねぇ。続編も1冊しか出てないし。あとはオーソドックスですが古代エジプトが舞台の「ファラオの墓」とか。これね、スネフェル王と滅ぼした国の元姫ナイルキアの切ない悲恋にずきずききたんですよね。ナイルキアの兄の主人公そっちのけもいいところvv だって主人公は最後ハッピーエンドというか、報われるし。これ、JUNEっぽいところは、スネフェルの主人公に対する複雑な心情ですかねぇ。初期の拷問シーンとかもまぁ色っぽいと言えば色っぽいか。国が暑い国だから服装がねぇ。竹宮さんの絵柄はある意味生々しさないからね。うん。

 とか、色々思ってますが、まだ読んでません。はい。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる