fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
白黒だったのか
 いつもご来訪ありがとうございます。

 ということで? 「サイコ」1960年作を見ました。

 いや、そんな昔の作品だったなんて実を言うと知りませんでした。し、白黒だとも知りませんでした。はい。

 ミステリというかサスペンスらしいというのは知ってましたし、なんとなく朧に記憶があるようなないような? な作品ではあったのですが。有名すぎて、断片的にね。
 いや、結構楽しんで拝見しました。
 オチがああとは知りませんでしたが、ストーリーは今となってはありがちといえば有り勝ちなんですが、楽しかったですよ。

 不思議とパーキンスさんが爽やか草食青年に見えてましたが。実際は〜どうなんでしょうねぇ。要するに児童虐待されて育ったあげく当の加害者と依存関係になって、見捨てられる危機感から殺してしまって狂っちゃったんですね。
 身も蓋もないが。
 なんというか、かわいそうですよね。うん。結局そこに行き着く被害者の加害者へのシフトチェンジ。逆だと、ざまぁなんだけどねぇ。

 そんなこんなで、今更ながらにプロフィールを調べてみましたら、お亡くなりあそばしておりました。あら。ご冥福をお祈りいたします。なんかこんなんばっかやけど。



*****

 この頃、ちょっとだけライトノベルズとかTLとかにふけったりしてました。おかげで、目が………やばいです。
 あとは〜バナナフィッシュへのノスタルジから同じく吉田秋生さんの「YASHA」と「イブの眠り」へとvv もうね。
 まぁ読書の秋にはふさわしい毎日でしょうか。

 TLはねぇ〜若年者向けの、まぁある意味ロマンポルノですね。読んだのは、続編合わせて4〜500ページくらいの小説でしたが、どんだけ絡みがあるんよ〜と、いい加減げんなりしながら飛ばし読みしてましたが。うん。何回もあったけど、ようは必要な絡みはいって4回目くらいまでだな。と、思ったね。まぁ、読者層を考えるとうお里の目線が間違ってるみたいですが。うん。
 ともあれ、異世界転移して、そこで敗戦国の王女の身代わりに無理矢理されて、命の危機を助けてくれた戦勝国の王太子に囲われる〜って話ですね。
 惜しむらくは、真の王女と戦勝国の王太子の弟のキャラがイマイチというか、深みが足りないんだよね。
 弟と王太子との確執がね〜ちょっと足りない。
 しかも、ざまぁというか、処罰も、甘い。あそこまでやったら、命取られてもおかしくないだろうに。
 んでもって、ね、どうにも王太子がだんだんエロバカになってゆく。しかも、コスプレフェチ? 続編になったらちょっとどころかしんどくてね〜。メインは一応揺らいではないんだけど、だけにギャップどころじゃない。
 あとは〜ここ突っ込んではダメなんだろうけど、ラブが通じないのに、なぜ、ハネムーンが通常に使われる? その辺がどうも。ハネムーンという単語が異世界にあるという風に思えばいいんだろうけど、できないorz 頭が硬いのかね。やっぱり。

 ラノベ〜は、最近よく見るハートウォーミング風味のオカルト小説。だけど、やっぱこれを続けて二冊読むと、骨子は同じだなと。王道こそ正道って感じかね。ただ、ちょっとしんどくなったので、ちょっと毛色の変わったのを読みたいなぁ。

 以下、「バナナフィッシュ」のネタバレありますはい。ご注意ください。






 「バナナフィシュ」で、本当は英二くんは元は女性のはずだったって裏話があるんですが。久しぶりにそうだったなぁとアニメ紹介で読んで、番外編その後の英二くんの話を読んで、英二くん=女性バージョンが頭の中をぐりぐりしてしまった。
 最後近くにね、一度だけ、アッシュと女英二くんが初々しくまくらをかわしたりするんですよ。で、原作通りにお別れ〜となって、アッシュの死を知った女英二くんはアメリカに〜。そこで、シンとすったもんだあって、女英二くんはお腹にアッシュの子供がいることを知る。んで、アッシュを殺したのがシンの兄、ということで、責任を感じて、シンと色々あって結婚〜とかってなりそうな気がした。
 ま、妄想です。妄想vv
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる