fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
気力が………
20060408221600.jpg

 いかん。
 別館のほうの四コマ~とか書こうと思ってたのだが、なんか、今一から周り。書けん。元々絵描きじゃないからなぁ………。かといって動物は、絵で描いたほうがダイレクトに伝わるしな。へたれでもxx

 そういえば、『獄門塾殺人事件』開始なんですね~。高遠くんも出るらしいですし。ワクワク半分、ドキドキ半分。でも、ほんとかな? もっとも、魚里は、コミックス派なので、当分読めないですが。
 せめて、高遠くんが、格好いいことを祈ろう。
 しかし、魚里がPTAなら、獄門塾なんつー物騒な塾にこどもを入れんと思う。ま、あだ名かも知れんけど……あだ名でも、躊躇するような。

 そういや、『獄門島』を魚里が読んだのは、たしか、現、ささやななえこ(ですよね? ななえ、に、戻ってたり?)さんの、フラワーコミックスという。当時は、魚里も幼くて、あれが、怖くてね~。たまらなかったのだよ。で、まぁ、フラワーコミックスは、友人に進呈したのだったな。オリジナルの金田一ファンの友人だったので。
 当時の魚里といえば、どうも和物のミステリは駄目で、ルブランとかに夢中でしたね。『モンテ・クリスト伯』にどっぷり嵌ってたのもあのあたりだ。でも、大デュマで読めるのは、それだけなのだったり。『三銃士』になると、駄目。う~ん。謎だ。小デュマの『椿姫』もなぁ………。でもって、あとは、『レ・ミゼラブル』とか、コクトーとかコレットとか。意外とフランス物に浸かっていた時代だったりするんですよね。流れで、なぜか、『女の一生』まで読んだよ。モーパッサンだっけか? 初夜の描写をドキドキしながら読んでたの覚えてる。脛毛が痛いのか~とかvv おぼこかったのよ///
 でまぁ、あのあたりは、同時に、ラブクラフトやらジュネ(禁断の愛のほうね………ジャン・ジュネじゃないよ~)やら、栗本薫やら、菊池さんやら夢枕さんやら、渋澤さんやら種村さんやら………。濫読した時代だ。ポーとか、ストーカーとか、レ・ファニュなんかもあったなぁ。でも、ファニュって、『吸血鬼カーミラ』とかは楽しんだんだけど、『ゴールデン・フライヤーズ~』って、クトゥルー系だろうとは思うのだが、わけわからんかった気がする。個人的にファニュで一番怖い話は、『白い手の恐怖』だった。あれは、今も読めないのよね。まぁ、ほかにも、サキとか色々手をつけてた時代だったりするんですが、なんかこう、暗い方面ですよな。
 正統派のミステリは、『ハーディー・ボーイズ』とか『ナンシー・ドルー』とかからかな? 子供向けの話です。でもって、ホームズさんで最初に読んだのは、『緋色の研究』でした。ホームズのデビュー作だっけ? 違うかな。また、案外マイナーな作品だと思われますが。う~ん。いや、ホームズは、ほら、ルブランの『ルパン』と対比されがちだったので、敬遠してたんですよね~。断然、『ルパン』派だったものですから。クリスティも、最初に読んだのが、『パーカー・パイン』だったあたり、魚里の王道外れがすでに、垣間見えてる気がするのでした。

 今月も、漫画だけですね~。
 とりあえずリストとしては、上・『フラワー・オブ・ライフ』3巻、8日・『デーモン聖典』8巻、中・『百鬼夜行抄』14巻、19日・『エルミタージュEXP.』、21日・『ピアノの森』12巻、『神の雫』6巻、『へうげもの』2巻、27日・『沈夫人の料理人』4巻、なのでした。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる