fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
ひっかかり
 いつもご来訪ありがとうございます。

 ヤマハオルガン教室じゃなく、ヤマハ音楽教室でしたね。うん。たしか、歌があったはず。
 ♪〜の音楽教室〜って。

 ともあれ、相変わらず小説発表サイトさんで楽しませていただいておりますが。

 最近の引っ掛かりは、”し”です。

 文法の詳しい説明はできませんが。
 ”せ”が”し”になってるのが気になって気になって。

 例えば、”見せて”が、”見して”になってるのとか。
 現実の口語だと変じゃないのかもしれませんが。癖なのか方言なのかよくわかりませんが。(ネットでざらりとググってみた限りで、”見して”は、古くは関西風の方言でしゃべり言葉って感じですかね。文語的には”見せて”が一応は正解らしい。一応となるのが日本語的だけど、今は標準語が東京弁? だから、記述だとこちらが正解らしい。)

 小説世界で、頭がいいエリートやら貴族やらの設定の人物が「見してほしい」と喋ってるのを読むと、一気に脱力するんですけどね。

 これも、言語の流動性? とかってやつなんでしょうか。おばさん的には、許せないというか、悲しくなるというか。まぁ、自分の文章も昔のひとが読むと、結構突っ込みどころ満載っぽいですがvv 今更、泉鏡花さんやら江戸川乱歩さんやら横溝さんやら風の大時代的古式ゆかしい? 文章は書けん。
 どこの時代を古式ゆかしいと思うかはまぁ、個々人の問題だろうと思うんだけど。その辺突き詰めてくと平安やらそれより昔とかなりそうなのが日本文学かもしれんが。だから、個人の趣味でvv

 まぁ、わざとしゃべり言葉で「」で括ったところで使われてるのなら、キャラクターによってはキャラ付けでオッケーなんですが、地の文章でこれは、なんかむず痒くなるんですよね。作者がいきなり現れてるように感じるのかもしれない。

 これも、いずれは普通の文章とかって認められるようになるのかもしれないんですが、”せ”と”し”の用法はやっぱりおばさんにとっては譲れないものなんですよね。


*****

 話は変わって、こちらは商業媒体に乗ってる小説。

 『とかげ主夫』だったかな? ちょこちょこ読んでます。
 楽しいですけどね。
 異世界のドラゴンがこっちっ側にやってきて〜って話ですが。
 楽しいですが、こちらもちょいちょい引っ掛かりがあって、あれ? と。
 まぁ、読ませてくれますけど。

 三角を△表記されてるのを見たときは、変換ミスか? と、一瞬焦りましたが。どうやら真面目にその表記を使いたいらしい。ううむ。まぁ、作者の好みっちゃ好みですが。引っかかるなというのが無理というものでしょう。流せますけどね。うん。流したけどさ。

 あとは、なんでこのドラゴンがそういうことを知ってるの? ってのもありますが。
 ううむ。
 目を瞑ろう。
 とりあえず。
 つむらなければ進まないからな。うん。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる