fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
あら、かんちがい
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます。

 この間久しぶりに故梅津栄さんを拝見しまして、なぜだか記憶の端に引っかかっていた、実際にあった誘拐殺人事件をドラマ化したものの犯人役を演じたのは、この方だったか、常田恒夫さんだったか〜という謎が再燃しまして。

 ググってみました。

 便利な時代になったなぁ。

 結論。
 お二方とも違いましたorz

 なんと、泉谷しげるさんだったと判明。うん。探偵役じゃないはず。

 ああと、1963年に起きた、「吉展ちゃん誘拐殺人事件」という実際に起きた事件だったんですけどね。どうやら、戦後最大の誘拐事件だったらしいのですが。
 東京オリンピックの年かな?
 魚里はまだ生まれてませんが。
 ともあれ、魚里がこの事件を知ったのは、土曜ワイド劇場で放映された時でしたね〜。
 家族そろって見てました。妹は見てなかったと思うけど。

 や、犯人役が鬼気迫る感じで怖くてね。すっごく印象に残ってるんですよ。

 で、まぁ。
 記憶が正しければ、誘拐されてほどなく殺されたのに、身代金を要求する犯人に捜査が撹乱されたっていうのが本筋だったかな?
 どこぞの墓石の下から屍体が発見されて〜というシーンが印象に残ってるんですが、本当にそのシーンがあったのかどうかは、謎です。

 言ってはなんですが、実際の事件をドラマにしてるので、子供だった私には、結構退屈だったのですけど、とっても怖かったのですよね。うん。

 トラウマになる程度には怖かったドラマだったりしますね。

 もう一つトラウマになるくらいというのは、タイトルも何も忘れてますが、何やら殺人事件を起こした女性が死刑になる話………これ、絞首刑を結構リアルに表現してたような記憶があって、怖気物だったんですが〜。
 肉親というか、親殺しだったのかなぁ? なんだかすごく身につまされる事情があって、女性が可哀想でたまらなかった記憶がある一本ではあるのですが、あやふや。殺された方に怒りが向くような? ううむ。忘れてる。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる