fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
違和感と倦厭
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます。

 本日二度目なんですけどね。
 なんか、追記で書く気力がなくなったので、新たに。

 なんというか、最近、なろうさんも読みつつアルファポリスさんも読んだりしてたんですけどね。隙間時間によむならこのへんがまぁ穏当かなぁっていうのがありまして。お金出して面白くないの読むよりマシかなというみみっちさでvv

 そんなこんなで読んでたりするんですけどね。
 で、ジャンルがまずいんだろうなぁとは思いますが。
 異世界転生系と異世界トリップ系に悪役系が多いなぁ。なんというかある意味安心感があるんですよね。
 ミステリーとか、純文とか、何ともわからないものとかを読むのは、書いてる相手が素人なだけに、ちょっと二の足を踏んじゃうんですよね。うん。申し訳ない。素人さんでも読ませるひといるのわかってますが、とっかかりがちょっと難しい。下手にランク上位でも最近、ポイント不正やら何やらあるらしいので、新たなジャンルに手が伸びない。
 ま、そんなこんなで、それほど当たり外れのないジャンルということがあるんですよね。これにBL絡んじゃうと、どうにも当たり外れが大きくなるので、なるたけノーマル系でいってます。BL絡むと、やっぱ好き嫌いっていうのが大きくなりますよね。受けの性格とか、受け攻め好みが逆とか。まぁ、男の人が書いてるハーレム絡むのも好き嫌いが出ちゃいますから、なるたけ避けます。あと、ほのぼの日常異世界系も避けます。異世界で兄弟喧嘩してるだけって、何が面白いんよって、読んでてふと我に返ったので。

 で、まぁ、タイトル通りなんですが。

 大抵、ゲーム世界の異世界とかで転生するなり召喚されるなりしちゃって、HPとかMPとかスキルとか〜ってやつが視覚化できる云々って設定が結構ありまして。うお里、ゲーム自体ほぼしないので、特にRPGはわけわからんので、無理xx そんな人間だからなのか、この視覚化される情報が煩わしくなってきましてね。一話中三分の一くらいこれをずらずらと並べられても読まんもの。なんか意味あるん? これ? 本文で、強くなった状況とか書いた方がよくね? とか思うのは、うお里が古いタイプの読者だからなのかね。

 あと、最近の若い人らしき作者さんが書く文章でよくある、

「「なんやかんや会話文」」異口同音なのかとか、「なんとかかんとか「なんかかいわをさえぎることば」」とか。って、括弧でくくる表現。

 違和感が大爆発なんですがorz

 それとね〜。

 トントン。
 パタパタ。
 バタン。

 これをね〜文頭でやられると、寒い。痛い。辛い。

 上から、ノックの音、足音、ドアが閉まる音。他にも擬音がありますが、これね〜なんなんでしょうね。うお里ダメですこういうの。擬音全般がダメってわけじゃなくってですね、なんだろう、なんかこの辺の、わざわざ擬音で表現する必要がなさそうなのをわざわざ擬音で表現するという図式がどうにもこうにも、ダメなんですね。まだ、キャラクターの個性とかを表現するための擬音とかならわかるんだけどね。

 最終的に、書き文章で、「言う」を、ひらがなにするのはいいけど、「ゆう」とやられると、もうこの話いいよな。と、削除するのが多い。
 はっきり言ってしまうと、読み仮名がわからない、不安、なら、ひらがなに開かなくてもいいじゃないかと思っちゃう自分がいるんですよね〜。

 あとひっじょうに惜しい作者さん。話自体が面白いのに、助詞、漢字の変換ミス、慣用句を勘違いして覚えててそのまま使ってて損をしてる人。で、なんか主人公の考え方が、意味無くなってる一文があるってパターン。最初の読点までの思考を後半で打ち消して、プラマイゼロにしてる場合。え? って思うんですが。何を言いたいんだろうってなる場合があって、非常に惜しい。
 このパターンの作者さんは、こなれてきたりすると化ける場合もあるので、まぁ読みますけどね。えらそうxx んで、けっこうなろうさんにいる場合が多い。

 アルファポリスさんの方が作者さんが若い人が多いのか、擬音をそのまま使う方の確率が非常に多い。擬音でも文中で意味あるような雰囲気で使うならいいんですけどね。ただ勢いのまま擬音を文頭に持ってこられると、これ、漫画じゃないんだから! と、思って苦笑する。のから最近じゃ、怒りに変化しつつある場合がある。

 最後の最後で嫌になってやめる作品っつうのは、一話一話にいちいち「すみません」とか「〜かえました」とかを、冒頭や文末に書き込んでる場合。これが短いのでもけっこう嫌になるんですが、長々と書いてる人がいて、そういうのは頼むから近況報告欄で済ませてくれと思ってしまって、最終的に削除となるんですね〜。

 タイトルの違和感と倦厭通り越して、怒りにまでなってることにここで気づいた。あれ?
 まぁ、文章作法なんていうのは、書きながらこなれていくところって確かにあるんですが。この頃は、どれほど初心者の人でもすぐに人目にさらすことができる結構な環境が整っちゃってるというのが、痛し痒しなんでしょうね。
 うお里なんておばさんになると、読んでもらうアテもなく、ただただ原稿用紙に書くだけってパターンが長すぎて、逆に「読者」っていう存在を考えることが長らくなかったためにイマイチわからないって現象に陥ってたんですけどねぇ。

 と、まぁ、こけむしてるおばさんの愚痴なんですけどね。結局。ちょっとそろそろ吐き出したくなったので。お目汚し。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる