fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
金田一少年の事件簿R 3
 いつもご来訪有り難うございます。

 ということで、3巻〜。
 ダケド、キンドル容量いっぱいって???? そんなになかったのに。「鈴木先生」で容量喰ったかな? もう読まないかな〜って作品を削除しまくってしまいましたわ。
 これが、昨日の悪い出来事の最後だと良いなぁ。

 ともあれ、幽霊教頭はラストまで読みました。
 やっぱ魚里にとって高遠クンの牽引力が魅力的すぎるのでしょう。他はどうでもいいので、対高遠クンだけでいいです。いや〜無理だけどね。

 以下、少々ネタバレ気味。


金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)
(2014/09/17)
さとう ふみや

商品詳細を見る


 今回の犯人、某女性に似てるので高遠クン最後殺さなかったのかな〜と思わないでもなかったり。あっさり見捨てるだけって珍しいよね。
 まぁ遠隔操作だったから殺せなかったって—のもありそうだけど。
 財宝実在したんだね。
 全部を奪取しない高遠クンの余裕の態度がいいね。まぁ、「みつけられたのは」とかあったので、本気で見つける気もあったのかもしれないけど。
 ともあれ、まぁ、魚里高遠クン関連のとこしか読んでない。
 うん。
 犯人はすぐ割れると思われます。
 トリックは知らん。
 魚里にトリックを破れって—のは無理ですからね。
 今回はみんな高遠クンの術中に嵌っちゃってる感でしょうか。
 バレても何ら痛まないからね〜高遠クン自身。で、彼がいるのはあそこですか。電波の発信元とか調べりゃすぐバレそうですが。それが彼らのいるのが孤島の廃墟だと痛し痒しなのだね〜。携帯電話があるとどうしてもミステリのトリックとかが難しくなるって言うのはいい得てると思うので、通信装置っつうのは苦渋の選択なのか、それとも単に趣味なのか。ああいうのって、趣味ものっぽいので、購入先で足がつきそうですが。どうなんかね。元々あって生きてた設定なのか? 謎だ。高遠クン自身、自分の謎を解きたい一心っぽいですね。その割には余裕綽々vv 今回は、彼の勝ちっぽいのかな。ふむ。ファンには嬉しいところです。
 こんなとこかな〜。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる