fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
金田一少年R 2
 何時もご来訪有り難うございます。


金田一少年の事件簿R(2) (少年マガジンコミックス)金田一少年の事件簿R(2) (少年マガジンコミックス)
(2014/07/17)
さとう ふみや

商品詳細を見る

 ということで、「雪鬼〜」完結編と次のはなしの冒頭かな? 読みました。
 「雪鬼」は、なんか久しぶりに読み応えありましたね〜。みごとに引っかかっちゃいましたよ魚里。でもいいの、かつての高遠クンを彷彿とさせる彼が悪役じゃなかったことで、ご満悦さ。なんか似てる気がして好きです。脇だけどね〜。
 犯人のすっきりとした笑顔とか〜。好きやな。でもふたり殺してるからなぁ。無期か、死刑か……情状酌量の余地はあると思うけど、計画殺人だしなぁ。だからだいたいの犯人に対しては、自殺させてやりなよと思っちゃう魚里がおります。「金田一くん」シリーズはそれが救いな犯人が多すぎる。

 んで、もう一遍。冒頭部分〜。
 高遠クン出てます♪ 明智さんもね。剣持さんも。結構豪華だよ。
 個人的に、高遠クン、面倒み良過ぎと思っちゃう。
 「知恵を授けるだけ」と言いつつ無線機で犯人と交信してたら、あまり意味なくない? いや、失敗した時に処分する為という見方もできるけど、途中フォローがあったりなかったりだしなぁ。個人的に高遠クンの心のどこかには幼い頃の彼が存在してると思ってる魚里でした。ま、まぁ、「高遠少年〜」読むとその辺微妙っちゃ微妙だけどorz
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる