fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
だらだらと
20050315210600.jpg

 某サイトマスターさんがハイテンションで語ってらした、まるまシリーズの1巻、なんとなく買ってしまった。飛ばし読みっちゃ飛ばし読みでしたが、吹き出すとことかありましたし、気分転換にはいいのではないかとvv トウが立ってる身としては、ついてけるか心配ではありましたが、大丈夫でした。うん。まぁ、精神年齢は、幼いというか、一応若いということにしておきましょう。しみじみ。何巻まで読めるかな。
 でもって、ちょっちまえから講談社漫画文庫で読み始めた、『勇午』。これって、アニメになってたんですね。知らなかった。ネゴシエイターのお話ですが、お話のたびに、毎回必ずお約束として、拷問シーンがあります。主人公の勇午さんが、受けるんですね。うう、痛いです。口先でというか、喋りで相手を篭絡するといえば、表現悪いですが、交渉人ですから、喋りと頭の回転、付随する知識が問題になるんでしょうが、が、これは、それだけじゃないですね。主人公の魅力というか、行動力というか、色んなもろもろに、相手側が篭絡される話ですね。漢気に惚れたりほだされたり……。男の人のお話ですね、つくづく。毎回、女の人も出てくるんですが、あまりそういうシーンは、青年漫画にしては少ない。色っぽいシーンがどうでもいい魚里なんかには、安心して読めるお話だったりvv まぁ、完璧にないとは、言い切れないんですけどね。それでも、やっぱり、女の人とか女の子が出てくるのは、嬉しかったりする。1巻に登場したライラっていう娼婦と、インド編に登場したやっぱりそんな感じの女の子が、なんだか、健気で、お気に入りです。1巻のライラが次とかに絡まないかなと、それがきっかけで次々買ってったというのが、本当のところだったりしますかね。きっと、ライラがいなかったら、嵌らなかった気がする。

 ちょっとずつ、高金とか猪高とかを書きたいよ~となってきてるんですが。ネタがあって、それをどっちで書くか、なやんでたりします。スライドさせる手もあるんですけどね。いつものごとく。

 このごろ書く気力が出ないのは、今週末から来週頭にかけての法事とか納骨とか、妹家族がこっちに帰ってくるとかの雑事のせいですな。なんか、ざわざわして、落ち着けないんです。ううう。ひとが集まるの、苦手なんだよなぁぐちぐち。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる