fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
ケーン
 いつもご来訪&拍手コメントありがとうございます♪ レスは後ほど〜。

 牛の革を編んで杖というか、キャンディ・ケーンぽくしてある巨大なものがあるのですが。ええ〜60センチは楽にある。
 それをダイゴに与えると、どこまでも銜えて持ってきます。
 魚里が二階に行くと、二階に。降りると下に。
 で、たまに置きっぱなしにしてても、魚里がどこかで和むと、どこからともなくそこに持ってくる。
 一週間くらい楽しんでますね〜。
 小さくなると、それを魚里に握れと強請る。
 で、握らせて、齧る。
 牛の爪でもやりますけどね、これ。
 牛の爪は臭いのよ〜。
 どちらにしても、笑えます。

 さてさて。
 「CSI」五話を一気に。
 シーズン7の3話は風邪薬飲んでたので途中眠ってましたけど。一応見たと言うことにしておこうvv
 で、シーズン9に入って、「ナタリーの模型」。そう行くか〜。と。やっぱ、壊れちゃったのねぇ。ナタリー。罪悪感に押しつぶされたのか? しかし、そうなると、だ。模型シリーズは完結なんだね。しかし、ナタリー役、上手だね。一見良い子というか鈍臭そうなんだけど〜って役が似合ってるわ。

 宮本福助さんの「となりの外国人」を読みましたが〜相変わらずの宮本さん調ですね。なんか、お騒がせ町だったか、退っ引き町だったかと似たような雰囲気が。マリオに振り回される真面目な隣の女の子が、不憫だ。真面目だけに、ドツボったり可哀想すぎる。
 紙が厚めに感じられて、ちょこっと今一かな。コミックスの紙はいつものがいいなぁ。

 吉田秋生さんの「海街diary」5。まだ読んでませんけどね。おそらく外れてはないだろう。そういや、去年妹に4貸したまま、私物化されてる気がする………。

 外れと言えば、吉原理恵子さんの学園もの新作。ボーイズものの割りに色っぽさの一片もないというか。これ、商業媒体としてどうよ? と思ったんだけど。だんだん描きたいのがボーイズというかジュネからずれてきてるんじゃないかなぁという危惧があるんですけどね。このひと。
 今風ボーイズを描かなくてもいいと思うんだこのひとの場合。
 恋愛より執着に重きを置いてたのに、度合いがずれてるのが違和感の原因だろうなぁ。
 ま、まぁ、こちらは、「二重螺旋」シリーズの父親みたいな救いのない父親じゃないのが救いですけど。ちゃんと一応真っ当な父性を持ってはいるのねというのが、安心ですが。
 家族確執ものが描きたいのなら、ボーイズジャンルはテンションがな。ジュネの本懐に戻ってほしい。日本語としておかしいけどね。これ。
 今となっては唯一読んでるボーイズ系の作家さんなので、心配な魚里でした。
 上手くジャンルシフトできずにフェイドアウトする作家さんもいるからなぁ。


 この辺でレスです。

 今晩は。trapさま。
 ええ〜とですね、コナン劇場版16話は「11番目のストライカー」だったかな。ストライカーは日本語のルビですがさてなんだったか記憶があやふやです。
 「ナタリーの模型」ああ来ましたか! なんか、ううむ。狂ってひと殺しまくってたひとが正常に戻ると逆にまた狂うのかなと。魚里は、レクター博士みたく逃亡してくり返すのかと思ってたのですが、逆になっちゃったのですね。悪い子を罰するために〜とかね。
 いずれクリムッソンには訃報が届けられるのか、それとも新聞で読むことになるのか。
 教えてもらえて嬉しいシリーズでした!
 それでは。
 今日はあたたかかったですね。
 おやすみなさい。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる