fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
連日更新♪
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます♪

 「呼ぶ声」13回目アップ~です♪
 量としては少ないのでブログで溜めてからとは思ったのですが、ま、いいかとvv
 新年にはふさわしくない内容ではありますが~少しでも楽しんでもらえるといいな。
 といいつつ、ヒーロー! 何処に隠れてる! 王さま出てきませんが。
 王妃さまが可哀想になって来る今日この頃。やってることは~犯罪者ですけどね。
 書けば書くほど悪役~いや、悪霊化してゆくイ・クゥア。ううむ。
 どうしたもんかな。
 でもでも、一回目冒頭に近づいてまいりました。少しずつですけどね~♪
 ちょこっとグロですが~もっと詳しく書くと、どうしようもなさそうな回ですね。
 異形コレクションとか、そっちにジャンル分けしそうな勢いでvv
 あくまでこれは~ジュネなんですよ~ということで。ご容赦。それにしても、赤裸々なことばの羅列、申し訳ないです。
 ええと、ですね、もしも~ですが、不妊やら両性無性とかで苦しんでらっしゃる方がこれを読まれてイヤな気分になったりしたら、ごめんなさい。あくまでフィクションですし~不妊やら身体的特徴をあげつらうつもりで書いてるわけではございませんので。
 今回少々ヘビーかなと思うので、謝罪です。

 さてさて、ルチオ・フルチの「ザ・サイキック」とクローネンバーグ監督キング原作の「デッドゾーン」を見終えました。
 ええと?

 フルチのほうは~あのラストどうしようって感じですが。きっとハッピーエンドに違いないvv それにしても~主人公のご主人も色男でしたが、心理学社の方もいい感じだったので気になってキャストで読んだら、32で早死になさっておりました。あらまぁ。(「ヴェルサイユの子」で気に入った俳優も早死にでしたが~。やっぱ癖のあるタイプが好きというのはどうしようもないなぁvv)このふたりは結構魚里のタイプですvv いや、どうでもいいことですけどね。
 内容的には今見れば新しさは微塵もないし、ああやっぱりって感じですけどね。七十年代の作品だと思えば納得。ファッションとか色々楽しいです。

 キング原作のほうは~ウォーケンが主役だ~と思ってみたのですが。結構楽しめたかな。けど、いかんせん、ウォーケン、若い! やっぱ今の歳喰った方が好きだな。うんうん。
 ラストのその後が気になりますが~さてさて。理解を示してくれるのはお医者さんだけかなぁ。でも、こどもを盾にしてってあたりで、あの政治家の本性が現われてるから色々考察はされそうか? 超能力者の悲劇は辛いですよね。うん。切ない。

 ええと、ブログだけにおいでてくださっている方に。

 旧年中に不祝儀がありましたので、新年のご挨拶は遠慮させて頂いております。念のため。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる