fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
ただいま
 いつもご来訪ありがとうございます♪

 無事帰ってまいりました~。

 で、まぁ、色々と写真を撮ってきたので怒濤のごとくアップ。ちょっとたくさんアップしますが、ま、久しぶりなのでいいでしょうってことにしておいてください。
 って、なにをしに行ってきたんだ~という質問は、なぁなぁでvv

 まぁ、95歳の祖母なので、悲しみは悲しみとして、大往生だったのには違いないと思うのでした。
 誕生日の翌日に息を引き取ったそうです。

 で、ちょっとオカルトよりの話題になりますと、魚里の背後霊は父らしい。で、半分だけvv 何となくそんな気がすると従姉妹が言っていましたが。やっぱ、祖母の所に半分行っていたらしいですね~。ただ、今は完璧になってるのかどうかは、見えないので判りませんが。それに釣り合わすためかどうか、久しぶりに引っ張りだしたベネトンの旅行用の鞄の脇ポケットに、父の写真が二葉。誰もその存在を知らなかった写真と言うのがミソでしょう。まぁ、父が出張とか言うと魚里がその鞄を貸していたので、入れたまま忘れてたのが本当の所でしょうけどね。

 以下写真です。


 こりは~ずいぶんと前にアップしようと忘れてたダイゴの肉球。ついでなのでアップ。タイトルは「和みの肉球」vv
和みの肉球

 出発駅。切符を買わずに飛び乗り。あ、ちゃんとここからの切符は買いましたが。新幹線は買ってないのね~。やっぱり、突然のことだから。準備はない。高松駅で乗り換え3分と言われて走りました。
出発です

 田舎だねぇ。中途半端にvv
線路は続きます

 新幹線さくら号です。おかげさまで我が家からだいたい八時間かかっていたのが六時間に短縮です。って、岡山からはだいたい四時間くらいなのかな? 忘れました。博多で乗り換えなくていいって言うのが楽ですvv
新幹線さくら号

 旅の楽しみでしょうか。まぁ、理由は理由として、旅には違いないvv ホームのキオスクで。ほとんど売り切れていたのでしかたないvv 山田養蜂場とのコラボらしい。
旅の楽しみでしょうか

 中はこんなものよね~vv
中はこんな物ですね

 携帯メールでPCに送ったので、トリミングが謎なのでちっこいです。
 到着駅。ここからは迎えにきてもらって車です。昔は一時間近くかかった記憶があるんだけど、あれ? 昔はね~楠木とかなんとかって駅があったのですが、廃駅及び廃線されて以来、JRも私鉄もないときたもんだvv ま、その駅までも遠かったんですけどね。
 川内駅

 葬儀場の近くにあった、大伴家持像。なんでも、国司として赴任してたことがあるらしい。昔はその地方の中心地だったらしいですね~。
大伴さん

 上の説明文。
説明

 よく知りませんが、短歌。厚見王と言う方の句だそうです。
厚見王



 ここからは翌朝。葬式当日の朝ですね。
 似たような写真なので説明は省略vv カッパが出るらしい山の周辺。
夜明け1

夜明け2

朝焼け1

IMG_0409_20110912081146.jpg

IMG_0409.jpg

IMG_0413.jpg

 どれだけ田舎だ~って感じですがvv もう少しでみーさんとニアミス。
IMG_0414.jpg

 このイモの葉の陰にいたらしい。するりと黒い影が逃げてゆくのだけ見ました。
IMG_0415.jpg

 これが~なんとかって茎を食べるイモ。名前をど忘れです。
IMG_0416_20110912082625.jpg

 鹿児島といえば竹なのだそうですが。九州と言えば竹だっけ?
IMG_0420_20110912082625.jpg

 立派な竹林。
IMG_0423.jpg

 ひとりで散歩に入る勇気はないvv
IMG_0424.jpg

 祖母の家。
IMG_0434.jpg


 形見分けで魚里が貰ってきたものたち。

 なんでも、祖母の兄がシベリア抑留中に描いたという油絵。陸軍中尉さんだったらしいです。裏書きあり。
 で、ドイツ人捕虜らしき某さんに頼んで白樺を持ってきてもらって描いたとありました。白樺に描かれてます。だれも欲しいと言う人がいなかったので。
IMG_0436.jpg

 これを見ると鹿児島に帰ってきたなぁと思ってた、仏壇の脇に置かれていた花瓶。首の両脇についてるシャチらしきものがチャーミングですvv
IMG_0437.jpg

 これは、ただ一目惚れ。カラフルでお茶目で可愛らしいシーサーさん。
IMG_0438.jpg


 お葬式はやっぱり寂しいですが、魚里なぜか涙が出なかったです。ううむ。情が薄いのかな?


 祖母のエピソードとして、敗戦後すぐ、買い出しに父を背負って出かけた祖母にMPが「送ってやろうか?」と声をかけたらしい。で、祖母はそれに答えてジープに乗って送ってもらったらしいです。帰りは断ったそうですが。周囲が「なんてあぶないことを」と呆れてたらしいvv
 「目を見たら悪い人じゃないとわかった」というのが祖母のいい分だったそうですがvv 度胸はあったのね。
 警察官だった祖父について渡った朝鮮から、祖父が抑留(?)されたため当時父とすぐ下の妹だけだったこどもふたりをつれて日本まで帰ってきた経験が、肝を太くしたのかなぁ。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

お疲れ様でした。
更新が止まっていたので、そういうことなんだろうなとは思っておりましたが、
寂しくなりましたね。私の祖父も95歳まで生きてくれました。祖母は今95歳。
あと何年生きてくれるかなあ…
お伺いしたいのですが…
金田一の“魔女のアトリエ”の管理人様で宜しいでしょうか?

久方ぶりにお邪魔したくてindex(注意書)までは辿り着けたのですが、それ以降入る事が出来ません。
閉鎖された様には見えなかった為、色々と探した所此方を発見し書き込ませていただきました。

もう小説などを拝見することは出来ないのでしょうか。
閉鎖などの告知をされていらっしゃいましたら申し訳ございません。
プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる