fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
無理なのかな?
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます。レスは後ほどメールで失礼しますね。

 今日は『ドツボ』を書き上げるつもりだったのですが、朝から予定が狂いまくりです。

 そう! 今日は、午前中は少なくとも4時間ぐらいは家に一人きりになれる予定だったのですが。
 ポシャりました。
 4時間も一人になれれば、お話に集中できると考えていたのですが。
 まず、祖母の友人が朝の8時過ぎから来訪しまして。10時過ぎに待ち合わせと言う予定なのに、どこをどう間違ったのか、8時過ぎってxx
 その上、下っかわの姪っ子が昨夜から来てたのが、帰らない。
 この状況で集中は無理と嘆いていたのですが、その上に、午後から電気屋に行くと妹が言っていると。
 ええ? どういうこと? 聞いてない!
 なんでも、祖母がテレビを買うと言っているとかいないとか。買うと言う発言自体は妹の早合点だったのですけどね。
 地元から少し離れたところに、オープンセールまっただ中の大型店舗があるのですよ。でも、結局買ったのは別の店舗でしたけどね。
 ま、結局買ったのですが。
 ええ! 遂に、我が家も地デジの波に飲み込まれました。はい。国が勝手に決めたんだから全額国が負担すべきだろう! というのは、まぁ、冗談ですけどね。でも、思った人も一人くらいはいると思うのよ。うん。
 せめてこれまで正規で買ったビデオのフォローくらいはしてほしい! はい。
 ちなみに買ったのは、シャープのアクオスだったり。HDDは付いてませんけどね。ブルーレイで録画と再生、あとはDVDとCDの再生ができるというやつです。
 最終的に自棄で決めました。
 だって、一番テレビを使うだろう母が説明すら聞こうとしないんだもん。で、魚里がこれがいいと言うと、妹が煩い! 魚里なんかは安けりゃそれでいいとかって思ってたのですが。映りが悪いとかメーカーが嫌い(これは母)とか。誰の家のテレビですか!
 で、煮え切らない母に、結局、もうこれでいい! と、アクオスに。だってねぇ、母も祖母もメカ音痴でもって、機械の取り説を読むのはたいてい魚里の役目。だったら、簡単なのがいいじゃないですか。でもって、互換性があるほうがないのより格段に!
 HDDって、どの機種にも対応してないとかって言うんだもん。こういうのって、互換性が大事だろうにデジタルものって、なんでこう中途半端なところがあるんだろう? わからんなぁ。
 だったら、ブルーレイということに関して互換性があるらしいのがいいじゃない。記録媒体を残しておけるしね。残すほどのプログラムがあるかどうか、謎ですけど。でも、残しておいてもまた変わったら面倒だよね。
 ともあれ、15日には届くらしいので、少しはわくわくして待つことにしましょう。
 ちなみに、テレビ枠はワインレッドです。母が気に入ったとのことでしたので。


 さてさて。話が変わって、無理なのかな? というのは、DVDの話。というか、アニメの話というか。
 姪が持ってきていた、ココラインという主人公のホラーかファンタジーか。ま、これは、いいのですが。
 繰り返し同じ話では辛いものがあるので、他に見る物をと『安寿と厨子王丸』を。いえ、いくら何でも上の姪が来てからですが。
 しかし。
 小5なんですけど~。
 テンポが合わないようですね。
 脇で見てても、乗らないのが丸わかり。
 特に安寿に恋愛フラグがたったあたりから、見る気力が失せる姪。これは年齢的な物か。
 結局挫折。
 ううむ。
 昭和36か7年の作品ですが、丁寧だし、綺麗にしあがってるんですけどね。いかんせん、話のテンポがゆっくりだし、もしかしたらですが、内容がよくわかってないのだろうか?
 で、まぁ、いきなり安寿の恋愛フラグという思いも寄らない物事に驚いた魚里の方が後が気になって、今見ながら書いてたりするのですが。
 残念。
 仏さまの救いは安寿が生き返ると言う方向では現れませんでした。恋愛相手というかほのかな恋心ってだけでしたが、その相手が仏門に入る方向に。
 これは~恋愛相手が山椒大夫の三男ということのためか? いやまぁ、原作が原作だしなぁ。しかたないか。ここ―安寿の死―を変えることは許されなかったのかも。
 でもなぁ、今の感覚だとあそこで死を選ぶことはないと思ってしまいます。
 三郎くんもいまいち詰めが甘い。うん。

 ところで、これ声優が豪華ね。声優と言うより俳優ですが。安寿が佐久間良子って。でもって、厨子王丸の子供時代が風間杜夫でもって成長後が北大路欣也、山椒大夫がまさかの遠野英二郎とは! お母さんが山田五十鈴さんらしい。松島とも子さんまで出てるしね。
 遠野英二郎さん、悪役似合うわ!

 しかし、昔の東映アニメは絶対と言っていいほど動物が味方に登場しますが。
 飼い犬が喋らないのに、なぜ、クマと白ネズミが人間のことばを喋るわ、ネズミにいたっては歌うんだ~。
 こりは~もしかしたら、裏設定? 実は、クマとネズミは人間の従者? クマが朴訥な大男で白ネズミがまだ歳若い侍女とか? で、同じく攫われて、曲馬団というかそっち方面に売られた……と? いや、そこまで突っ込んじゃ駄目よね。うん。

 ともあれ、今の小学生にはテンポの速いアニメの方がいいのかな。
 魚里的な感覚からすると、趣がないなぁってなりますが。個々人の好みってだけかな? それならまだしも……救われるが。ううん。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる