fc2ブログ
2024/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
足長さん
 拍手ありがとうございます♪ 毎日感謝しております。これからもよろしくです/// レスは後ほど。

 フト気がつけば、いつの間にか巣から足長さんが消えておりました。冬まではいるみたいだったのになぁ……。ということで、写真をアップしてしまいます。苦手な方、すみません。その後に、口直しで猫と犬をアップしますのでご容赦ください。

091002photo 201091002photo 229
足長さん足長さんの去った後
 がんばって巣が大きくなったなぁと楽しんで見てたのですけどね。突然の失踪(笑)に、少しだけショックだったりする魚里なのです。

 ということで、口直し。

もみじ 12(トイレの怪犬3)
 古いデジカメの画像なので、粒子が粗いですが。
 もみじさんとミーシャんです。何故か突然もみじさんがニャン子トイレに居座って寝たというxx それを不思議そうに眺めるミーシャんなのでした。もみじさん、体調が悪かったのだろうか? それとも、ストレスか、抗議行動かvv すでに、魚里はミーシャんできあい光線がでまくってたと思われますから。でも、ミーシャんともみじさんは一緒に散歩するくらい仲良かったのですよvv

20050731200530.jpg
 顔わかるかな? ジュニばあさんです。お歳なので、一日中ほぼ寝てますので、起きてる映像は、ないという。年寄りになってから我が家に来たわりには、最近は懐いてくれてるようです。ちょっと、魚里とテンポがずれ気味ではありますがvv

 「サセックスの吸血鬼」見ました。なんか、こうすっきりしない話ですね。妄想しようと思えばいくらでも妄想可能ですがvv 邪妄想だが…………。結局お父さんも死んじゃったのかな。だから、女の人二人はイギリスにいる理由もない――ってことか。ドロレスだったか、再婚相手のコンパニオン、性格きつい。完璧ジャックを見下してますね。可哀想に。あれくらいの年齢の男の子がキスした言って言うのは、可愛いもんだと思われますが。特にあの時代なら。それにあの仕打ち。ストリキニーネ(だったかな)を使われても仕方ない? ままぁ、馬鹿にされた腹いせにしてはちょっとやりすぎですけどね。
 なんというか、お父さん、いい面の皮というかxx ジャックに愛情を示すタイミングがまずすぎです。
 小説家の小父さんも、なんと言うか、悪い星の下に生まれたというか。少しは、先祖を殺した村人に対する復讐の気持ちがあったのかもしれないなぁ。
 これも、落ちるシーンのある話でしたね。
 廃墟から落ちるのか。
 ジャック少年が、可哀想ではありました。

 「犯人は二人」も、なんというか。ホームズさんvv 淑女に対しては結構優しいというか慇懃というか。女性嫌いだったっけ?
 アギーが可哀想なんですけどね。ホームズ=配管工とわかっちゃいましたか。わからないほうがより悲惨ではありましょうが。婚約してたわけだしね。しかも、雇い主が死んじゃうということは、仕事無くした訳ですし。惨い。男好きする女性ではありましたが、おそらくは子供もつと肝っ玉母ちゃんになるだろう憎めないタイプだ。レイディ・スィンバート(だったかな)と対照的な女性像でした。 
 アギーに押され気味のホームズ君(あえてvv)が可愛かったですけどね。

 実を言いますと、あれからもう一度同じ店に行きまして、「未婚の貴族」「バスカビル家の犬」「四人の署名」「ボスコム峡谷の惨劇」「レディー・フランシスの失踪」「ぶなの木屋敷の怪」「ボール箱」を、買っちゃいました///

 そういえば、初期はワトソンさんが違ってたんだよなぁと、「ぶなの木屋敷~」で、思い出しました。登場してたワトソンさん、役者が違うから「誰?」「レストレイド警部?」とかって悩みましたvv 機嫌悪いホームズさんにつつかれまくるワトソンさんが、可愛いvv

 「ボール箱」で、グラナダ版のホームズが終わったわけですか。そうか。今更ですが、ご冥福をお祈りいたします。これも、なんかすっきりしない話でしたが。スーザンって、あれは、性格が悪いといえばいいのだろうか? 悪女といえばいいのだろうか? 可哀想な人ではありますが。彼女のせいで殺人犯になった(とはいえ、理性を総動員してればあそこまでの悲劇は起こらなかったろうから、ある意味自業自得といえなくもないけど。う~ん)サラの夫がも、可哀想といえば言える。で、彼はおそらくは、極刑かなぁ? 違うかな? 奥さんが不倫して、それを見て不倫相手と奥さんを殴り殺した(う~)わけですが。極刑だとすると、スーザンにしても好きな相手を自分の手で死に追いやったわけで。妹とその不倫相手もまたそうと言えなくもないし。元凶が彼女なのは否めませんが。ううう。ぐるぐる。罰は受けてるわけですね。


 以下、レスです。

 trapさま、こんばんは~♪
 今日は少しは過ごしやすかったです。少しだけですけどねvv

 イクちゃんは、火をつけましたvv はい。ご賢察痛み入ります。いやもう、あそこまでしないと部屋から出られないだろうと。お医者さんのライターなんですけどね。消去法で行けば丸わかりというvv ドツボすぎる郁也クンに、この先、少しでも光明が見えるといいのですが。
 ふつう、ここまでくれば、少しは相手にほだされはじめそうなものですが。オジサン、マジで今のところベッドで可愛がるだけしかしてないんじゃなかろうか。だとすると、恐怖症発症中の郁也クンにとっては、まるっきり逆効果ですからね~。戻してますし。胃潰瘍だろうか…。胃炎かな。吐き気だと、まだ、胃炎くらいだと。痛みが来ると、潰瘍ですね、おそらく。まだ若いので、そこまではいっていないと思いたいな。

 ミーシャん、綺麗ですか? 嬉しいです♪ ミーシャんとロイはもう、愛しちゃってましたからvv でも、ロイは、夢の中でつれないんですよ。ミーシャんは、夢の中でも擦り寄ってきてくれるのに、ロイは、逃げるvv 力いっぱい逃げるのでしたxx 夢の中で、もみじさんは、ミニチュアダックスに生まれ変わってましたけどvv

 イギリスの料理番組は意外です! ぺティナイフで料理してるような映像とかありますもんね。そんなんでいいの? とか、ハサミ? とか。 さすがに海苔はハサミで切りますけどねvv まな板使うのがびっくりですか? え? どこで切るんでしょう………。ドキドキ。お皿の上ですか? ジャガイモの空中切り? それは日本じゃ食べ物粗末にしたらいかん! と、注意されそうです。ところ変われば変わるものですね。

 しーちゃんの父親は、我が家設定じゃ桓堆将軍ですからねvv 文武両道で、細身の筋肉質vv なんだけど、苦労性。BLだとというか、魚里だと受けにするタイプです。
 あーちゃんは、完ぺき主義者かな。でも、どっちかというと文科系。全国模試は常に上位で、ピアノくらい習っておけとオジサンに言われて、ピアノ弾いてるのかな。体育方面は、それなりです。魚里だと、攻めにするタイプですね。美形は責めですvv

 あーちゃんが習い始めたピアノ、しーちゃんも習いたがるのはお約束ですね。今でもたまに連弾したりして。
 子どもの頃の二人の遊戯室に今じゃグランドピアノが二台でんと鎮座してそうです。で、イクちゃんのお誕生日にはふたりが弾くのです。―――そのためだけにグランドピアノ二台って、金持ちはなぁ。溜息vv でも、練習するには一部屋に二台じゃ互いの音が邪魔ですが。練習用がまた別に? う~ん。バイオリンでもいいですけどね。ピアノほど場所とりませんし。ピアノじゃなくバイオリンにしようかなvv 二人同じ楽器を習ってるイメージがありますからね。

 しーちゃんが自分の後をついてくるのが当然と育っちゃいましたから、留学するときシーちゃんがいないのは堪えれなさそうです。それでも、プライドで堪えるのです。「いつまでもあいつにたよってちゃいけない」とかって。
 けど、オジサンにしてみたら、しーちゃんをあーちゃんの補佐に据えようと考えてるものですから、しーちゃんに「留学しないか」と、打診していたりするのです。二人の能力を認めてるオジサンです。
 しーちゃんにしても、あーちゃんがいないと落ち着かないので、二つ返事。
 もう、この二人、離れませんね。
 困ってしまいます。
 BLからは遠ざかろうとすればするほど、BLが。でも、プラトニックということで。それで折れましょう。仕方ないですvv
 あーちゃんのイクちゃんに対する思いは、一歩間違えば恋愛感情です。けど、大好きだから肉欲なんかじゃ汚せない――こういう感じです。オジサンに対する感情は、オイディプスコンプレックスですかね。乗り越えないといけない壁vv
 しーちゃんにとってのイクちゃんは、誰よりも身近でやさしい叔父さんだったりします。しーちゃんにとってのオジサンは、立派なんだけど変な人――かもしれませんvv あーちゃんほど拘りはないと思いますよ。

 修学旅行阻止は駄目ですねやっぱりvv でも、心配なんです。小司馬の例がありますから。黒服を――とか考えてそうですが、それは恥ずかしいから止めてくれと懇願されて、仕方ないので、佐々木君と井上さんにバイト持ちかけます。
 スキー合宿だったら、インストラクターが危ないですvv どんだけフェロモン垂れ流しなんでしょうね。イクちゃん。

 それでは、この辺で。
 今日はゆっくり眠れそうですね。
 おやすみなさい。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる