fc2ブログ
2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
ちょっと無理っぽい
 いつもご来訪&拍手コメントありがとうございます。レスは後ほど。

 タイトルの無理っぽいのは、新作ドラマ"A LIFE"の視聴です。一応見逃し配信でチェックしたのですが〜。なんか、ミッチーの役が〜〜〜。空気読めない男? 好きな看護師さん相手に空回りしてる? 単に女ったらしで狙ってる相手ってだけ? どれだろう。その時点であえなく挫折。ってことで、キムタクが飛行機の中で術式の練習してるとこまでしかみれなんだ。
 もともと医療ドラマは苦手なので、悩んでたんですけどね。
 どう考えても、キムタクの当て馬って感じが紛々と漂ってるし。違うか? キムタクに連戦連敗しそうな予感が大きすぎる。で、食ってかかって負ける小物感xx 周りはシラーと見てるだけアウェイ感がありそうで辛いかもしれん。
 ミッチー好きなだけにもしそうならしんどいなぁと思って、挫折という。ファンなら見ろや! ってもんでしょうが。なんか役柄がなぁ。

 今回の見てて思った。
 うお里、ミッチーの雰囲気と声が好きっぽい。あのとっぽい喋り方とか結構ツボらしいなぁ。でもあの喋り方をモデルにして文章に起こすのはめちゃくちゃ難しそうだな。イントネーションというか、独特のニュアンス感がすごいもんね。

 さてさて現在のドラマはこんなところで。

 「特捜最前線 selection vol.23」155,174,186,193話でも。
 順番に、
 完全犯罪・350ヤードの凶弾!
 高層ビルに出る幽霊!
 東京、殺人ゲーム地図!
 老刑事 鈴を追う!
 です。
 個人的に「高層ビルに出る幽霊!」が目的で購入したDVDです。
 多分、これが、ず〜っと結末がわからないままだった話だと思うんですが。違うかもしれない? 結末とか要所要所結構記憶にあるんだもん。ただこれの結末の印象が薄かったのは、高杉婦警が気絶してエンディングだったせいかもしれないなぁ。
 幽霊登場=雨と雷の図式がすごいが。
 特捜全部見てるわけじゃないけど、高杉婦警が主役というのは珍しいと思うんだよね〜。基本お留守番=電話当番だもんね。今見ると結構可愛い系の美人さんかもしれん。かなりグラマラスというかスレンダーなんだけどバストが大きい。Cはあるよね? 着替えのシーンがあったのだ。
 幽霊の正体は、今となったらありがちですが。当時は結構珍しいパターンじゃないか? アメリカ映画「ジェーンに何が起こったか?」とかのあたりの雰囲気? 違うかも。一人だけが幽霊を目撃してて周りは見ていない、追い詰められてゆくヒロインってあたりがそれっぽいんだけど、映画のタイトルが違うのかな?
 歯痛から始まる導入部が、叶刑事が歯医者で毒詰められる話を思い出させてくれました。歯痛は肩こりからだったのか? 治療しないとしんどかったろうけど。まぁ、ドラマの期間がお盆だったっぽいので、歯医者さんも休みか。
 しかしこれを見て知った。
 特捜本部って、警視庁にないんだ。
 民間のビルの最上階なんね。三階下に高杉婦警のお友達が勤務するエレクトロニックの会社があるし、キープレイスの歯科医もあるし。その特捜本部のある階から三階が無人の期間に幽霊見たらパニックになりますよね。それでも「幽霊なんかいない。私は婦警だ」とか必死で唱えながら対処しようとする高杉婦警さんが健気すぎる。あまつさえ、警察の女子寮まで無人って不憫すぎる。
 結局は、サイコパスっぽい連続殺人者と誘拐事件が絡む普通の事件ものではあるんですけどね。いえ、刑事ものだから当たり前だけどvv

 350ヤードの凶弾! は、代議士関係の結構理不尽系殺人だね。自分を衆目の前でバカにしたからって、シチュエイション考えれば衆目を引くためにわざわざした演出みたいなものだったのに、プライド高いお大尽様には我慢できませんで、弟分の代議士を殺しちゃいました。って話ですが。300マグナムのライフルの威力すごいな。ドラム缶爆発してますが。それで人間撃ったら、ミンチ………。だからって、火薬詰め替えるくらい相手が憎かったってあたりが、わがまますぎる。いえ、殺してるからわがままの最たるものだろうけど。
 元満州のライフル狙撃かなんかの教官を経験してる元大臣が犯人ですけどね。年のくせにバイタリティすごいわ! その辺は尊敬できる。ような気がする? 違う方に向ければいいだけだよなぁ。

 殺人ゲーム地図! 連珠とかって五目並みたいな碁を実際の人間を使ってプレイするバカorz これをいうと身も蓋もないけどね。ともあれ、警察幹部あたりが犯人。理由が、戦前の憲兵組織みたいな警察組織じゃないと事件は解決できないって、主客転倒? もいいところなきがした。この人たちもと九州出身か? と思ったね。ず〜っと警官一家じゃなかろうか。とうろんなことを考えてしまいました。はい。ともあれ今の民主主義社会でそれはないわ〜。というか、この上に書いてるのもそうだけど、1970年代終わりから1980年代初頭あたりが舞台だとまだ戦争がリアルなんねと思った。

 老刑事 鈴を追う! ちょっとリリカル? なんかな。船村刑事メイン。あ、大滝さんね。上のも叶刑事から船村刑事に連珠の解読はパスされてるけど。船村刑事の元上司のお孫さんとその婚約者の女の子(共に小学五年生です)の悲しい初恋絡みかな? お孫さんが白血病で入院中にその子の身代わりと一緒に買った鈴をパスケースにつけて学校に通う女の子が、なんだか男の子に優しくて手をかける担任の女先生に嫉妬したりして、その女先生が、殺人事件の犯人と知り合いと知って、手紙を特捜に送っちゃう。そうしておじさんたちがやってきて〜って話。
 事件そのものよりも、女の子の悲しい初恋と形見の鈴を見つけるのに必死になる船村刑事の頑固さが見れますvv
 これね〜女の子目線で見ちゃうせいか、担任の女先生がいやらしく思えるんだわ本当に。女の子が「先生嫌い」と心の中で独白するのに共感してしまう自分がなんかやるせない。この女先生、多分ダメンズなんとかだね。結局殺人事件の犯人の一人が女先生の弟だしな。必死でかばってるし。

 そんなこんなで、「特捜」はやっぱり面白いなぁ。再認識したうお里でした。

 この辺でレスです。

trap様

 こんにちは〜。
 名古屋からの無事のご帰還お疲れ様でした。いや〜関東方面すごいことになってたんですね。ほんとうに。テレビとか見なかったので雪があんなに降ってるとは。日本って世界有数の豪雪地帯だったのねというのを再認識しましたわ。うお里の住んでる方はもうほとんどつもりもしませんが。それはそれで寂しいんですけどね。
 「スパイダーマン」スタン・リーさんのインタビューとか見ましたよ。結構褒めてましたね〜DVD用の特別インタビューなのでどこまでかはサービスなところがあるでしょうけど。うん。全話を見てはいないんね〜とは思っちゃいましたけど。
 版権買ってても、グッズは出せないんですね〜。まぁ、日本の子供向け特撮って、ある頃からロボットありきになってるみたいですよね。「ゴレンジャー」あたり? そうでもしないと採算取れないのかも。「仮面ライダー」からかな?
 他に気になってる特撮って「スターウルフ」ですかねぇ。これもヒデ夕樹さんがOP,ED歌ってましたが。歌がいいとついつい観たくなりますね。男の子向けって感じで当時のうお里は見たいとも思わなかったものですが。裏番組が「千年女王」か何かだったような? 記憶違いかな?

 ボツリヌス菌、美容整形で使ってますねぇ。あれ、痛そうですよね。皮下注射でしたっけ。あそこまでして美人さんにならんでもいい! と、うおさとは思いますが。うん。それで思い出しました「累」ってコミックスありますね。あれ1だけ読んで興味惹かれてるんですが、10巻出てるので二の足です。

 それでは、今日も寒いですが、暖かくしてお過ごしくださいね。
 おやすみなさい。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる