fc2ブログ
2016/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
特捜最前線 133話
 いつもご来訪&拍手コメントありがとうございます。レス、こちらで失礼しますね。

 「六法全書を抱えた狼!」これもしっかりエクスクラメーションマーク付きです。全体についてるっぽい?
 何気にタイトルから昨日の桜井刑事関係かなと思ってたんですが。たしか、お父さんが結構偉もんさんだった記憶があったので。でもって、お約束的に対立してる親子関係〜。
 と、内容は、桜井刑事(警部補だった)は全然関係なくって。今回バイプレーヤーだ。五条なにがしという代議士の息子がタイトルの狼の正体。代議士だったと思うvv 演じるのは、後に叶警部補を演じる夏夕介さんです。犯人役vv 本人スーパーエリートというか、検事修習生ってやつですかね。頭脳もスポーツも万能で親孝行って表の顔。裏側では、レ○プノートっていうのを作って燃やすタイプ。知ってるのは、中学時代の同級生一人だけ。
 誠直也さん演じる吉野刑事(………巡査部長なんね。ちなみに叶警部補が登場しても巡査部長のままみたいかな?)が助けた被害者女性が告訴するも、取り下げられて自殺。で、すっぽんの意地を見せて張り付く張り付く。で、事件容疑を口にして手錠をかけるも、言い返されて、グゥの根も出ない。相手が悪すぎる〜ってパターン。すっぽん=ストーカーって感じで今じゃ問題になるよ〜という追いかけで、結局恐れをなしてびびった五条なにがしが狂乱して逮捕されるという。
 好きな役者さんが乱れて追い落とされるので、途中から倍速でしたxx やっぱ好きな俳優さんが崩れてゆくというのは見ててつらいものがある。
 結局途中で告訴されて、検事さんか誰かと顔を合わせて〜って訓告? の図のとき、検事さんがいつもは悪役の菅貫太郎さんでありました。この方も早くに亡くなられた方なんですね。「水戸黄門」とかでバカ殿様とかを白塗りでよく演じてらした方です〜で、ピンと来る方はピンと来るかと。ともあれ、結構な儲け役で、神代さんとツーカーなのかなぁ? って雰囲気ありです。
 ラスト刑事も犯人もボロボロでフラフラという今の刑事ものじゃありえない逮捕のシーンかもしれない。


*****


この辺でレスです。


trap様
 こんばんはです。
 こちら気づいてくださってるといいのですが。
 刑事もの全盛期の、結構いい作品だと思ってます。うお里の中じゃ最高に近い。ただし、結構色っぽい話が多そうかも。
 結構実直というか、あまりどんぱちしないでじっくり見させる。でも、ラストは結構その後が気になるところでぶち切ってたりもする。考えさせるエンディングってやつですかね。余韻に浸れるというか。
 そうですね〜刑事もの今は、「相棒」くらいですね。長く続いてるの。ちゃんと一話完結で続くのだから、まぁすごいとは思いますけどね。これが連続ドラマ小説見たくなると、見れないxx
 医療ものもひところほどみかけませんね。個人的に、医療ものはコミックスで読むタイプですが、読んで後悔するxx うん。病気の症状とか手術の場面とかで、読むんじゃなかったとvv
 サリーちゃんは〜二十代の女の子わかりますよ。再放送とか、リメイクバージョンとかありましたからね。だた、リメイクバージョンだとカブくんは滅んだ国金の国? の最後の生き残りの王子様だそうですが。ググったので仕入れた知識です。ともあれ、これを書いたのが、横山光輝さんというのが驚きですよね〜。まぁアッコちゃんも赤塚不二夫さんですが。ちなみに「猿飛えっちゃん」は石森章太郎さんだvv
 ケムール星人。オススメされてみましたね〜。あの追っかけてくるシーンだったかな? あれは別? ともあれ、一種独特の走り方はすっごく印象深かったです。
 それでは、またお邪魔させていただきますね。
 おやすみなさい。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる