fc2ブログ
2015/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
本日3本目だ
 ということで、いつもの前書きは端折ります。

 ええ〜見ました邦画2本。

 休みは頑張る〜。って、頑張りが違うやろorz

 「ハサミ男」
 出だしがなんかのったりでイマイチ乗れなくて、BGMが古臭い昭和臭が〜って雰囲気もあって、ちょっとこれはどうだろうと。そんなこんなで、「狂恋」を書きつつ見たり見なかったりしてたんですが、途中でおや? この関係はもしや〜と思ったら、当たりでしたわ。結構初期の段階でバレますね、あの表現の仕方。
 ま、ネタバレしてもオッケーでしょうが、ハサミ男、実は目の前で自殺した父親を自分のもう一つの人格として取り込んじゃった二重人格でもって自殺志願の娘さんが正体でしたってオチですが。バレバレや。けど、ラストのへんで、もしかしてこの娘さん、サイコパスというより、レゾナンス系じゃなかろうかと。憑依系の精神障害。そういうのあるとしたらね。そんな感じの二重人格でした。
 けど〜阿部寛〜なんつうか割食う役で出てましたね。まぁ警視正のくせにハサミ男を隠れ蓑にして殺人犯しちゃったこちらもキ印さんでありましたが。最後ハサミ男の汚名をかぶって殺されましたよ〜。それでもいい風に開き直っとりましたが、哀れな。ほぼ壊れてたけどね。女子高生に振られたくらいで壊れるなや、警視正! うん。魚里の正直な感想だ。
 基本、主要人物にあまり正常方面の人が出ない話。
 約一名、主人公に惚れちゃう実直系刑事さんが清涼剤か? で、警視正が冤罪かぶって死んでくれた上に、二重人格が少々オカルトちっくな解決を見て、一人勝ち組になってしまった娘さん。恋人候補までおりますよ。自殺志願まで消えたしねぇ。父親がハサミ男の人格は持って逝くからと、消えまして、二度とハサミ男は出ないよ〜って一見ハッピーエンディング。
 だが、はっきり言って、はた迷惑な。まぁ、犯罪者ってもとよりはた迷惑なもんではありますが、それでいいのか、本当に? と、思ったのも事実。
 それなりに二重人格と気づいたあたりから楽しめるようになりましたけどね。それまでがきつい。
 ともあれ、唐沢なにがしだっけ? 違った、豊川悦司だ。娘さんの父親役で出てましたが、顔が〜イタミンに似てるような気がして仕方がなかったvv 主役の娘さんは麻生久美子さんだそうですが、最初はどうよこれと思ってたけどいつしか普通に見れてたので、ま、よしvv それほどひどくはなかったのだろう。役が役だしなぁ………。毒飲んで吐いたり自分でビニールかぶったりしてのたうちまわるあたりのエキセントリックさに引きますが。うん。ちょっと違うが全体的に「黒い家」っぽい雰囲気がなきにしもあらずかな? 映画全体の雰囲気ですよ、あくまでもね。


 「脳男」
 生田斗真が結構好みの顔してました。あれ? ジャニーズですかぁ。しかも嵐? え、いたっけ? ともあれこの映画では横顔が昔の香取くんっぽい感じ。今はちょっとあまりにキワモノっぽい感じがして苦手になった香取くん(なんかよく知らない映画かドラマで歯をむき出しにして笑うシーンで引いてから苦手になったんだよね)ですが、昔は結構可愛いなと思ってたのは内緒です。いえ、内緒でもないけどね。
 ともあれ、原作とコミカライズはいい感じだったんですが〜。
 映画も結構いい感じと思ったんですが〜。
 なんでああ野暮ったい感じに持って行きたがるんだろうね、日本の映画って。
 基本原作とコミカライズじゃダークヒーローなイメージの脳男なんですが、シュッとしたスタイリッシュな印象が所々にあるんですが。なぜ? コンピューター人間なのに、爆破犯との対決が自動車vs.肉体って? ちょっと触れたら爆発するよトラップなピアノ線の複雑な配置を記憶しておいて行きとまるっきり同じ動作でバックで戻ってくる頭脳と肉体の同調具合は? どこいったの〜? しかも、何度轢かれても痛みを感じない〜ロボットだよんってところだけを強調するためにズタボロ。手も足もでとらんやん!

 で、だ。メイン脇役脇役。
 江口洋介扮する刑事! 原作でも脳筋だったんだけど〜まだ刑事! って印象がしっかりあったけど、ただのヤクザやんあれじゃ! 自分の後輩に爆弾巻かれててストップするのは脳男を殺すだけって聞いて、本当にバトルかい! まぁ、脳男もあの爆弾は解除できん! ってorz どこが脳男よ! ともあれ、後輩、かわいそうに犬死ですよ。原作じゃ生き延びてるのに! これ、絶対先輩が〜悪いわ。いや、バトルするより他にすることないか?
 しかも、人殺すの悪いこと! って言い張ってるのに、犯人実弾6発撃ちこんで殺すしorz どこが刑事じゃ〜!! もう叫ぶわ怒鳴るわ暴力振るうわ、結構うざい。邪魔臭かった。

 松雪泰子演じる精神科医さん。あそこまでヘビーなバックじゃなかったんだけどね………あれじゃあ彼女が主役じゃん。ヒロインだけど主役じゃないんだよ! そこの区別大切! 絶対! 最初の辺はいい雰囲気だったんだけどd、だんだん崩れていって最後の辺は叫ぶばっかか………。精神科医なんだからも少しフラットにね。と、思っちった。

 んでもって、大切な悪役悪役!
 なぜ?! なぜ? レズビアンにしたorz 原作が影も形もないがいな。いや、敵にも意味を持たせようってーのはわかるけど、原作と違いすぎる。主人公と同格の知能の持ち主にする必要はないんだよ。それをすると感情ない(とりあえず)主人公が負けてるじゃないですか、結局。しかも、ほぼ無理やり心中希望って。末期の癌って………そこでお涙頂戴? いらんがな。ま、まぁ、不思議とエキセントリックな役が似合っとりましたけどね。二階堂ふみって女優さんだった。
 
 ま、最後までとりあえず楽しめたのは楽しめたけどね。
スポンサーサイト



胸焼けorz
 いつもご来訪&拍手コメントありがとうございます♪ レスは後ほど〜。

 「狂恋」のリメイクをしつつ、気分転換にブログです。
 というか、先ほど祖母がうどん〜というので食べに連れて行っていたので集中力が切れとります。
 そんなこんなで、画像をアップ。 珍しくたくさんです。

 久しぶりに滝音さん。
takine.jpg

 前もアップしたけど、これは〜まかないの小(うどん玉一個)。少々麺が柔らかめになってましたね〜。後出しも薄くなってた。あれ?
makanai.jpg

 これは〜店内にあった、要潤の香川県の広報ポスター。そのままでアップ。髪型変わるとイメージがvv
kanamejun.jpg

 紅葉に気づいて撮ったのですが、発色がないなぁ。
kouyou.jpg

 この辺からハーレクィン三昧、一部BL混じりです。

bl_rokudenasi.jpg
 タイトル「ろくでなしの愛し方」
 面白かった。ネグレクトやら少々ディープな背景がありますが、読ませます。んでもって、どこかで見た感じの絵だなぁと思ってましたら、以前読んでこれは苦手だと思ったコミックスの作者さんでした。あれ?
 あちらは架空? 中国の宦官と皇帝のBLでしたが、どうも乗り切らなくて一話で挫折したんですけどね。個人的には現代ものがオススメなのかもしれない。

 あとは、ハーレクィンだ。

hq_uragiri.jpg
 タイトル「裏切りのスペイン」
 何気にアメリカの話〜と読んでたらスペイン舞台だった。あれ? 主人公の親友を悪役と決めつけてたらちょ〜っとうっかりすぎるがめつ目だけどちゃんと友情のある子だった。よかった。

 hq_setugen.jpg
 タイトル「雪原のウエディングドレス」
 なんだろう、最後にはホロリとほだされる程度には良い話でした。が、ヒロイン、頑張り屋通して意固地じゃないか? 家族を心配させないのが習い性になりすぎて、完璧を目指しすぎてるもろいのだけど頑固なヒロイン。と、自由を愛する昔の船乗りのようなパイロットの恋愛。ううむ。シアトルの恋人だったか?

 hq_onzousi.jpg
 タイトル「御曹司の恋」
 誤解からすれ違い〜でも紆余曲折経てハッピーエンド。まぁ、ハーレクィンの王道をそのまま突き進む話。だけど〜だけど〜36歳にしては、落ち着きなさすぎるぞ! ヒーロー! 甥っ子に尊敬されるほどいい男には思えなかった。

hq_matenrou.jpg
 タイトル「摩天楼の影」
 昨夜読んだ中で一番好きかな。ERの女医さんと建築家の恋愛。最初の方目を血走らせてTVで会議に遅れる〜と叫ぶヒーローが可愛らしいというかかわいそうだった。

 hq_koyoi.jpg
 タイトル「今宵ワルツを」
 王子様と恋を! ってやつですね〜。今時そんな血なまぐさい王家があるのか? って疑問は置いておいて。中世コスチュームの召使が浮く。なんせ、男性がカツラかぶってる時代のコスですからね。他が現代衣装なだけにいや増す異空間。で、話がいきなり飛ぶので、この間に葛藤があったはずなんだけどね〜と、少々残念。これも、男性が、年齢の割に、ちょっと浅いかな?

hq_ippon.jpg
 タイトル「一本の赤いバラ」
 この手は苦手だ。というか、現代のミュージシャンなんだけど、古い印象が強いのはなぜだろう? ともあれ、飛ばし読み。さすがに疲れたらしいのでvv ヒロインが大怪我をして、夫と引き離されてる間に旦那さんに対する諸々の不安が出て〜って話ですけどね。まぁ、二人の間に話し合いがなさすぎが原因だな。三年あったんだから少しは時間をとりなされやっ! て感じで。これも年の差モノで、旦那さん20くらい年上なんだから〜と思いつつ、ううむ。眉間にしわ。ヒロインも、なんかなぁ。

 ということで、胸焼けの一夜を無事過ごしましたvv

 この辺でレスです。

trap様
 こんにちは〜♪
 胸焼けの一夜はかくの如し〜というほど詳細出ないのが申し訳ないですが、基本ハーレクィンは読み捨てごめんだな〜と。まぁ、基本はサービス期間で買うんですけどね。じゃないと高い!

 物語は筋でしょう! 最近はキャラ立てが命! とは言いますが、キャラ立ては筋立てがあってこそ際立つのだと思うんですけどね〜。
 坂田さん(ですよね?)は、面白いですよね〜。レディースになっても面白かったですもん。しかもほぼ全部短編。あれはすごい!

 東京タワーがすっきりですよね〜。大きさはどうしてもスカイツリーですが。
 モノの話では東京タワーもスカイツリーも龍神さんが降りてらっしゃるらしいですが。霊感がないので謎です。オカルトすぎる?
 首都はそういうもんでしょう。物流中心地。違うかな? 瀬戸内は海産物ばっかですね〜。あまり珍しい物はないイメージです。地元だからかもしれませんが、どこに行っても手に入るようなモノがメインな気がしてなりません。
 東京バナナってありましたっけ? ああ、人形焼! ありましたね。ふわふわの鈴カステラみたいなの! あれはあれで美味しいですよね〜。でも、インパクトが弱い?
 魚里は東京はどうしてもTVの向こうの世界なイメージがあるせいか、建物がすごいという印象ですね。アサヒビールか何かの例のビルとかvv でもゆるキャラにはできそうにない? でもないですよね〜。
 地元はどうしてもあまり意識しませんからね。そうなると思いますよん。
 それでは、今日もあと半日まったり過ごしましょう。
 おやすみなさい。
面白い
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます♪


whitenotepad.jpg

 どうかな〜と思いつつ買ってみた、ヤマシタトモコさんの新作コミックス。

 これが、当たり! でありました〜。現代版とりかえばやですかね。全く他人の上に年が二周りくらい離れてる男女間でのですが。
 いつも以上に背景白いですが、これヤマシタさんの特徴でもあるからなぁ。初期の「食事処〜」あたりは結構書き込んでましたけどねぇ。これは、ある意味記憶喪失な二人ですから、それも合わせてありかもしれない風景ではあるんですが。

 少女が中年のおじさんの体になったってあたりが、本来気持ち悪いんだけど、だけど、少女が混入したことでおじさんが微妙にカサカサとした感じの中性的な人間になるのが面白いですね。記憶喪失としか言えなくて全てを失っててもと自分のツテで編集者にアルバイターですが。魚里的にはこちらに感情移入しちゃいますけど。

 んでもって、「強くてニューゲーム」を望む元おじさんな少女は、読者モデルやってる。すごい! やはり男性なのか勝ち負けにこだわる強い目線が怖いけれど、さみしがり屋なんだな〜ってあたりは、変な話人肌を知っちゃってるだけにリアルなのかもしれん。って、ううむどうなんかな? でも元38ならありか。

 二人ともセンシティブッチャセンシティブで、痛いのは痛いです。これからどうなるのか、期待ですね〜。

 それにしてもヤマシタさんもデビューして10年かぁ………。すごいな。BL非BLなくあれだけ面白い話をかけるのが羨ましい。
プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる