fc2ブログ
2012/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
む。
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます♪

 今のところ、「金田一少年」の新刊、まだ読めてません。ヒトクイなんとか〜の完結編+次の事件なんですが。
 やっぱ高遠クンの影も形もないというのが最大の理由でしょうねぇ。
 彼。
 やっぱ彼じゃないとね。
 たとえ、無様でも、悪辣でも、卑怯でも。
 とりあえず、見た目コメディ要員じゃないのが一番の理由かもしれないけどね。
 読者にはおちょくられとりますが。

 ええ〜「トリニティブラッド」4巻までとりあえず。
 一巻はなんとなく萌えましたが。
 ううむ。
 なんとなく大味だよね。
 コスチューム系が好きなひとには、受けるのかも。
 特に神父とか。


 で、その萌えにチャレンジしましたけどね。
 萌えを醗酵させて書きはじめてみたのですが、玉砕続きの今日この頃。

 三人称が駄目なのか?

 このごろ一人称が多いからなぁ。
 それに、やっぱり、出てくるものがこれまで書いたものと重なる。
 悩みますね。

 で、ですね、まぁこのブログの初期の頃に書きかけにしてた時代劇擬きを昨日読みなおしてしまったわけです。
 微妙に旗本退屈男っぽいはなし。というか、それを見てて、ちょこっと萌えたんですけどね〜。脇にvv あくまで脇萌えっつうのが痛し痒しの魚里ですけど。

 詳細は忘れちゃってますが、オチはね〜一応ハッピーエンド予定だったのですが。

 江戸時代設定で困るのが、念者という存在。
 あの時代けっこうおおっぴらでしたでしょう。美学と言うかなんか武士道的に美徳的な扱いだったような朧な記憶。そっちは戦国時代かな? えいあやふや。ともあれ古代ギリシア的な上下間の男色だったのだろうか? 上から下に教育的な教えをしつつからだの関係もあるようなないような……。ううむ。難しいんだ。
 今ほど男同士がアレルギー的に嫌われてなかっただけに、秘めるが花っつう萌えどころの魚里にとって困ってしまったりvv
 大体将軍さまが念者持ってて〜世継ぎ困ってた三代目とか。
 某老中? は蛍大名だったとか。うん。その〜ね。
 赤穂浪士の主税くんにも年者がいて〜とか。陰間茶屋関連だったような。
 まぁ、事実かどうか謎なのもちらほらあるようですけど。
 だからっつうわけでもないですが、江戸時代もどきにしちゃうと男色の取り扱いがね。悩ましいんだわ。
 その辺あって、とまってるような?
 擬きだから無視してつっぱしるっつうのも手ですけどね〜。

 まぁ、七年前の書きかけを読み返しつつああその辺理由でとまったなとvv 思い返していたのでした。


 昨夜ダイゴんをお風呂に入れた後、一緒に寝てて、ふとあられもなく下半身を開いてるダイゴが噛み噛みするのでペニス周辺を確認しておりましたら、あれ? なんか黒いのが〜と、蚤? と焦って目を凝らして確認すると、どうも、去勢手術の縫合糸がペニスに一本残ってる様子。
 指では抜けなかったので、先ほどピンセットで引っ張ってみましたら、するっと抜けました。
 ちょこっと皮脂汚れのようなのがこびりついてましたけどね〜。
 痛くなかったのかな?
 もちろん皮でしたけどね。

 これ、下ネタですかね〜。
 男性のその〜所謂ヤシの実を潰すと、男性って死ぬって俗説を聞いたことあるんですが。
 ホントなんでしょうかね?
 あとは、喉仏を潰すとか。
 いや、痛いですけどね〜ちょこっと以前からの疑問だったりして。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる