fc2ブログ
2012/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます♪

 サニー・オステオって菊科の植物というか花をヒアシンスとクロッカスに換えました。一応、ヒアシンスとクロッカスの球根は土に埋めましたが。さて、お礼肥えになってるかどうか。ゴミに捨てるよりは、一応良心的かな? ま、自己満足です。
 菊科は案外強いので、安心してたりしますけどね。
 ちょこっとガーベラっぽい感じですが。色が濃い紫なのでじみと言えば、じみです。
 何となく一目惚れしたのですけどね。
 去年もそういや、この時期菊科の植物を窓辺に置いてた記憶が~vv 年周期でローテーション? ま、いいけどね。

 ぎっくり背中はだいぶんよくなってきました。
 日にち薬かなやっぱり。
 明日一日で、どうにかなると良いんですけどね~。
 横になってると時々ダイゴんが飛び乗ってくるので、ドキドキです。怖くてねvv
 朝なんか、夢うつつでも、ああ~と思って体勢を換えたりします。困ったもんだ。

 そういや、「あいつの大本命」5巻今月発売らしいです。ふむ。楽しみです♪
 あとは~なんだっけ、かたの宗美さんの新刊かな~。ああ、河さんの「wonder」15巻もvv

 「wonder」といえば~14.5巻なんつう半端な巻が分厚い装丁で出ましたが。出版社もなぁ。ちゃんと出せば良いのに。こぼれ話と言うよりしっかり本編じゃない! 削れないエピソードを削るから雑誌でしっかり追いかけてる読者さんにクレーム出されるんよね~。三冊分くらいあるもんな。
 同じ出版社の名香智子さんの「マダム・ジョーカー」もそんなわけでけっこうはしょられてるのかもしれん。総集編で読んだのがコミックになってなかったりするもんね。でも、これは基本短編だからまだ削っても読者には判らない。特に魚里見たくコミックスでしか読まない派にはね~。


 で、大分痛みが引いて暇になってきたので、「呼ぶ声」に手を付けてみました。少しですけどね。
 以下、呼ぶ声です。


 赤黒い月の下、潤の悲鳴が鋭くあがる。
 ギリギリと、王妃の鋭く尖った爪が腹に食い込む。
 生理的な涙が、こみ上げる。
 いらない。
 そう思いはした。
 けれど、こんな苦痛を味わって奪われるのか。
 痛い。
 痛い。
 痛い。
 殺される。
 そう恐怖に震えたときだった。
「王妃さまおやめください」
 甲高い声だった。
 涙でかすむ視界に、厳しい顔をしたマルカの姿があった。
「お約束が違います」
 一気に大人びた、威厳とも言えるようなものをたたえて、王妃の手首に手を重ねる。
「こどもは王妃さまのお好きになさってかまいません。けれど、ジュンにいちゃんは殺さないとお約束くださいました」
「マ………ルカ?」
 潤の双眸が見開かれた。
 決然と言い放ったマルカのことばが信じられなかったのだ。
「ジュンにいちゃん大丈夫だから」
 王妃の金の目が、マルカに向けられた。
「そうであったかの。つい高ぶってしもうたわ」
 潤の腹に食い込んでいた王妃の赤い爪から力が抜ける。
「潤を殺さぬように、こどもだけを貰い受ける約束であったかの」
 独り語ち頷くように首を何度も上下に振る。
「ジュンにいちゃん行こう」
「どこに?」
「少し休める所に。そうして、王妃さまにこどもをさしあげよう」
 にっこりと笑うマルカに、潤は、ことばを無くす。
「そうしたら、にいちゃんを自由にしてくださるって、王妃さまがお約束くださったんだ」
 マルカと王妃とを順繰りにみやって、潤は途方にくれた。
「大丈夫だよ。もう。にいちゃんを苦しめるものは、ひとつだけだけど、なくなるんだ」
「潤にいちゃんと約束したから、殺さなきゃって思ってた。色々考えたんだよ僕」
「けど、にいちゃんのこどもなんだって気がついたんだ。王さまのこどもだけど、にいちゃんのこどもでもあるって。だから、殺したりしたら、にいちゃんが後で悔やむかなって思い直したんだ」
「だからね、僕、王妃さまに差し上げるってお約束したんだ。王妃さまがずっとこどもをほしがってるの知ってたから」
「知ってた?」
 声が震える。
「知ってたんだ。僕。王妃さまがなにをしてるか。なにを望んでるか」


**** ううむ。だいぶ間が空いたので、かなり困ったことになってきました。あああ。やばいな。マルカが~。おいおい。にーちゃんなにやってるんだ~と、実は頭をかかえてる魚里だったりします。


 新相棒~成宮博貴? ごめん。知らない………。
 ググりましたよ。
 したらまぁ、結構な話題ですね~。
 若いな。
 だんだん若年になってゆくなぁ。まだ継ぎしてないのに、次の相棒がまた若年になるんじゃなかろうかとか、イラン心配してしまう。杉下さん何歳設定なんだか。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる