fc2ブログ
2012/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます♪

 ひさしぶりの冬目景さんのコミックス。
 「まほろみ」1巻。やっと読めました。
 買ったのは一週間くらい前かなぁ。アニメやら創作やらに追いやられて机の上にぽつねんとvv
 いかにも冬目さんなはなしです。いや、そうじゃなきゃ意味ないんですけどね。
 取り壊される古い建築物の意識かなにかを触れることで感じることができる大学生の男の子と、いわくありげな女の子の話。な~んか、女の子歳とらないんじゃないかいと、ふと思ったり思わなかったり。不思議系ではありますが、さて、そう言う感じなのかどうか。なぞvv
 前回の昭和初期が舞台の民俗学とタイムトラベルのはなしがいまいちだったので~最後まで読めるかどうか。
 うん。『アゴニー』も「はつかねずみの時間」も、挫折しちゃったからなぁ。
 やっぱり、アニメ化されたのが一番好きだったなぁ。ただし、ラストには言いたいことがあるけど。

 『黒執事』見てゆくと、途中でオリジナル設定に変わっちゃってますね~。プルートって出てなかったと思う。巨大な魔犬なんだけど~興奮すると妙齢の青年に変身。しかも~すっぱだかって。ぷるぷるとよばれてるだけになんだかなぁvv 下世話なイメージしちゃうじゃないか。犬のままの方が良いんだけどなぁ。人間に変わった時はせめて服ぐらい着なされや。
 そういや、シエルのパパの顔の輪郭が~セバスチャンの輪郭そっくりやんという突っ込みが~。これもアニメオリジナル設定かな。ま、いいけどさ。

 部屋のクロッカスが花芽をつけはじめました~。まだ早いと思うんだけどね。カメラが一階なので、また明日くらい忘れなければ撮ってアップしたいな。って、蕾ですけどね~。
 おそらく、黄色い花。
 冬場に黄色い花って、明るくて良いよね~。だから、部屋に置く花は基本黄色。
 こりは~多分、魚里の精神面にも良いはずなんだよね。基本、あまりテンション上がらないたちなので、少しでもテンションを上げるものを。
 テンション下がる時は下がりまくるタイプですけどね~。
 おそらく、躁鬱とかあったとしても、発見されにくいたちではないかと踏んでるんですが、さてさて。どうなんでしょうね。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる