fc2ブログ
2011/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
不仲なのかなぁ?
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます。

 同じ部署に居る女の子なんですが。
 中国人とベトナム人。
 魚里はふたりと話すんですけどね。
 どうも、中国人の女の子の方が、ベトナム人を嫌ってる気配があります。
 寮で煩いらしいのよ。
 ベトナムの人。
 魚里的には、ごめん、中国の人の方が煩いイメージをなにげに持ってたのですが。
 ふむ。
 ま、一方的に聞かされたので、一概には言えないとは思うんですけどねぇ。
 ともあれ、彼女はベトナム人が嫌いなんですね……と。
 それを認識してれば大丈夫かな?

 さてさて話は変わって。
 「自業自得」のネタ。
 史月くん視点の作文っぽいのが沸いてます。
 タイトルは「ぼくの家族」。
 小学生の史月くんが書く作文って感じ。
 ただし、史月くんはマセくりかえった天才少年設定ですからねぇ。しかも、その辺を外では見せない。
 少なくとも、義務教育中は隠すようです。
 ませてるんだけど平凡少年の皮をかぶった、腹黒?
 なので~その作文がどうなるのか。
 難しいなぁ。
 史月くんの大切な人は、血の繋がってない叔父さんですからねぇ。ま、言ってみれば、マザコンとも言いますか。
 両親をちゃんと好きですし、家族と理解しておりますが。
 両親が苦笑して反省するのは、長く叔父にまかせすぎたその一点。
 父親なんかは、諦めてます。
 母親も、しかたないか~。
 ふたりとも、静観の構え。
 カイザーは、我関せずかなぁ。カイザーにとっては血の繋がっていない孫なんですが。ま、ちゃんとした愛情はありますが、彼の愛情の大半は、実の息子である彼に向かってますからね。彼さえ幸せ……ううむ、つつがなしであれば、問題なしなんです。このひとの感情も、偏ってますよね~。
 ま、ここでバラしておきますが。
 カイザーの二度目の奥さんは、実を言うと、カイザーの死んだ奥さんの姉妹です。シングルマザーだった彼女がカイザーとふたりしてお互い都合が良いからと籍を入れたって感じ。愛情というより、契約なんですよね~。
 まぁ、彼女としても、忙しくて孫の面倒を義理の息子に見させちゃったって言うお負い目ありますから。あまり、強くは出られないと。
 で、有人は~史月くんにとっては弟的な存在。実を言うと、一年中叔父さんと一緒に居られる彼に対しては、ちょっとした嫉妬がないこともないのです。でも、それを面に出すことはない。でも~有人は人の感情に敏感なので、感じてます。で、内心、兄さん(戸籍状は義理の兄なので)といつも一緒でいいでしょうって感じかなぁ。優越感ありです。有人も兄さんが大好きですからね。これも、マザコンかvv
 御大は~ちょっと怖いんだけど、適わないんだけど、いつか彼に勝ちたいと野望を持ってるのが史月くん。この辺、エディプスコンプレックス? いや、父親じゃないんですけどねぇ。しかたないのか。で、母親を寝取りたい訳だよね。それは、かなり未来に成就しますが。でも、勝って手に入れるのじゃない辺りが、痛し痒し? ま、結果オーライか。御大は、史月のことは生意気だけど、面白いって感じかな。将来的には期待してそうです。御大としても、有人と同じような教育を史月に施すのは、その辺の期待感があるからでしょう。ここでも、御大の愛情は、義理の長男にベクトル向かっちゃってますから。

 こんな感じなんですけどねぇ。
 これをどう作文に活かすか。
 それが大問題なのでした。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる