fc2ブログ
2010/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
勘違い
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます♪

 『きな子』昨日までと思ってたら、もちっと期間があったのね~あれ? でもって、昨日か今日までだったのが、『踊る大捜査線』3。
 勘違い~。
 どちらにしても、もう観には行けないと思うんですが~。
 気力がなぁ。

 あと、『暴れん坊~』天地茂さんが出てたのは「春を呼ぶ薮医者」で、そのつぎは~決闘じゃなく、「対決花の吉原」でした。ちなみに昨日は、「恋とおとぼけ地蔵」だったかな? (薩摩藩の重役が~女をいたぶるのが好きという結構なSとして登場しておりますが、自分の好きな女に大勢男がいる前で裸になれってxx Sだとありかなぁ。あったとしても、その時点で愛情があるとは魚里には思えない。まぁ、悪役設定だからなぁ。イヤらしいやxx)ファーストシーズンなので、なんとなく録画しております。いつまで続くかはなぞvv 左内の旦那はもう退場しちゃってるのかな? 登場がエンディングのテーマだけ。ふむ。残念。
 そういえば、辰五郎が江戸城に入り込むという無理矢理な設定の話、もう終わってるかな? あとは~上様が自分家の土蔵破りをする話。多分、ファーストシーズンだったはず。

 『相棒』は「taxi」でした。これも観ていない~。

 デジタル化して母が録画~と言うかなと思って練習をかねてたんだけど、いつしか録画機能は魚里専用? ま、いいけどねvv 昨日はちなみに祖母が見れないだろうからということで『浅見光彦』新作を録画vv さっき見終えましたが、警察が~いつにもまして影が薄いぞ。走って喋ってるだけ。ふむ。

 影が薄いというのじゃないですが、それで思い出したのが、『暴れん坊~』で最初のお庭番の藪田助八さんが亡くなる回。ゲスト女優が~凄かった。普通に演技してればそれなりかもしれないのに、なんでそんなに慌てて喋らないといけないんだろうという疑問があったなぁ。浮きまくり。下手だったのか? 今もって謎です。

 最近の魚里はなにげに回顧主義で失礼しました。

 秋だから?
 謎ですvv

 で、それもあって、遂にやっちゃいました。『八雲立つ』ポチッとしちゃったxx アニメね~。原作は全部読んでますが。でもって、なにげにお気に入りですが~。これ、花とゆめだからなのか作者がそう言う意図を根底に持っているからなのか、どう見ても、主人公二人(男)がくっつく話にしか見えない。ま、そんなところが萌えどころでいいんですけど。
 花とゆめと言うと、一時はそれこそジュネもまっさおな世界を展開してた少女漫画ですが。編集長が変わるかどうかして方針転換してから~どうなったのか。真っ青だった時代にリタイアしちゃったからなぁよく知らない。ちなみに、ララの方は、魚里はどうにも嵌れなかった。大味だったのかなぁ? 『摩理と新吾』とか連載してたよなぁ。そういえば。それと同じで、角川の『Asuka』も嵌れなかった。当時は高口里純さんがスケバンものを書いてたような気がするけど、魚里スケバンものは、『スケバン刑事』しか読んだことない。うん。不良がどうというより、つっぱり(今も言うのか?)のファッションが苦手だったようです。だから、暴走族関係もちと苦手。今だとチーマーとか言うの? それも古いのかな。暴走族自体が過去の遺物らしいって聞いたことはありますが。集英社とかじゃ花盛りだった記憶がありますが、駄目でしたね~。読んでて登場人物がバイクで駆け落ちする話がありましたが、あれは~話の主軸が転生ものだったから読めたんだよね~。うん。タイトルは『真珠姫』。知ってる人いますかね?
 あ、ちなみに、魚里は基本漫画はコミックス派なので~『八雲立つ』も本誌連載中は読んでないvv そう言えば、ララ連載だった? 花とゆめだったのかなぁ? よく知らないという。

 後はね~なんとなくDVD1000円特価とかって煽りにみごとに煽られて、『家』『プリティプリンセス』『イエロードッグ』をポチッとな。だから、ストレスが~xx いいわけです。みっともないvv
 『家』は、往年のホラー。
 『プリティ・プリンセス』は~ジュリー・アンドリュースがおばあさま役で登場してる、ディズニーのお姫さま物語。ふつーの冴えない女の子が、実は! って、シンデレラなお話。
 『イエロードッグ』は、知らないけど~面白いといいなと。犬と飼い主の少年のサバイバルらしい。

 ホント言うと『やわらかな手』とか~『ワイヤーインザブラッド』のボックスとか~どちらかと言うとマニアックなDVDが欲しい気もするんですけどね~。
 『ワイヤーインザブラッド』に関しては、レンタルショップで出会う偶然を楽しんでるふしがある魚里です。
 『やわらかな手』はねぇ~そうそう家族の前では見れない話だからvv 60代くらいのおばちゃんが、風俗でお金を稼いで孫の手術費用に充てる話だし。そう言うシーンがちろっとはいえありますし。風俗店の店長さんがギリシャ系ロシア人かな~な、濃いタイプのいい男ですけど。ある意味ハッピーエンドですけど~。家族の前では堂々と見る勇気はない。好きな話ですけどね。

 まだしも、アニメとはいえ『八雲立つ』のほうが堂々と見れるvv オカルトアクションだからね。

 ええと、オカルト繋がり? ホラー繋がりかな。
 ぶんか社の『辻占売り』9巻買いました~♪ この人のシリーズ大好きなんですよ。『東盛玲~』も好きですが、どちらかというと、こちらに軍配があがります。それは~閑兄さんが龍神と人間のハーフだから。うん。きっとこれが一番の理由。見た目30前後かな~ッて、和装の似合う兄さんですが。そういえば、洋装を観た記憶がないような? 話は時たま辛いのありますが、いいんです。あと、兄さんと血の繋がっていない、ミノブ(漢字がちとxx)くん。目が見えないんですが、人間じゃないものは見ることができるしいろんな不思議な力を持ってます。と、ヒーリングできる小学生の逞しい女の子、舞子ちゃん♪ 彼女は閑兄さんが恋愛感情っぽく大好きなんですけどね。どうやら9巻でぶんか社のほらーM誌が方向転換するのかどうなのか、最近雑誌を読んでなかったのでさっぱりなんですが~舞子ちゃんの境遇にある意味で決着がつきました。切ないけど、そうなるよなぁと思わなくもない。でも、池田さとみさんがあっちがわに彼女を組するとは思わなかったので、少し意外です。バランスとれた逞しいけど可愛い少女です。
 しかし、以前、池田さとみさんの初期の作品を手にしてみたのですが、絵柄がすっごく変わったのですね~。最初の頃って、くらもちふさこさんというか集英社系列の絵柄でしたよね~。そんな印象を受けました。ちら見ですが。でもって、線が太くなって社会派でフェミニズムっぽい感じの話を書くようになって、ちょっとざらざらした感じの細めの線になってホラーっぽいミステリーっぽい話を書くようになったんだなぁ。で、今。熟れた線でホラーやら恋愛物やら。でも、なんか社会派なようなフェミニズムなような印象は漂ってる気がするな。鼻につくほどじゃないから楽しめますが。バランスの取り方が上手なのかなぁ。さすがプロだ♪

 今日はね~獅子舞フェスタというのがあると耳に挟んでたので、ちびをつれて出かけてたのですがxx
 抜かりました。
 午後からというか、獅子舞は午後五時過ぎからって~。なんてプログラムよ。調べない魚里も悪いんですが~、何年か前にいったときは、早い時間から獅子舞やらプリキュアショウやらいろいろやってたんですよね~。
 子供が楽しめるものが、ない。
 それでも、走り回ってれば楽しいらしいちびは、芝生のグラウンドで走り回って上機嫌でしたが。
 大人は、疲れるだけでしたvv
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる