fc2ブログ
2010/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
クロス・レクイエム
 いつもご来訪ありがとうございます♪

 作品シリーズ前後しておりますが、“wire in the blood”の中古セル商品をゲットできましたので、見ておりました。
 昨日ねvv

 何作品目になるのか、キャロルさんが~DIからDCIに昇格しておりました。
 何の略~と思ってましたが、昨日やっとわかりました。DETECTIVE CHEEF INSPECTOR(綴り合ってるのかvv)なのね。で、警部だったかな~。Cがないと、警部補なわけだ。久しぶりにジュリー警視を読みなおしてたので、やっとピンと来たvv ううむ。鈍いよね。
 昇格したので、ぴりぴりしてるキャロルさんは、トニーさんに突っかかりまくり。トニーさんのへたれ度が、なんか、いつもより凄いvv 後手後手に回ってるのは、キャロルさんのプレッシャーに巻き込まれてるからなのか。
 プロファイルのプロのわりには、なんか~vv

 キャロルさんが昇格するきっかけになった事件の犯人が、収監されてるのにも関わらず同じ事件が起きる。犯人は彼か、それともコピーキャットか。
 プレッシャーにキリキリになるキャロルさん。
 トニーに頼るも、なんか後手後手。
 自分でやるも、どうにも、思い込みがあるため、事件が起きるたびになんでだろうと、誤認逮捕を繰り返す。
 やっとトニーが掴んだ手がかりは~キャロルのとは正反対で~法廷で偽証を迫られる。
 職務意識から偽証をできないキャロルに代わり、犯人を追いつめて、検察側の女性を承認にするべく奔走するトニー。
 と、こういう感じ。ちょっとライトに書いてみました。

 真犯人は~家族をめちゃくちゃにされた復讐のために、模倣を起こして、収監されてる犯人を追いつめてるんですけどね。
 真犯人の息子が、収監されてる男の組織の下のほうに組み込まれてたかららしいが。
 その息子、最後の最後真犯人の元に帰るんですが。既に真犯人は捕まっちゃった後。不条理過ぎです。この後息子はどうなるんだろう。ホームレスで、男娼してたんですけどね。可愛い顔してるんですが~。公衆トイレに座って客を待つって……すっごく即物的だなぁ。ううむ。男娼に夢を見ちゃダメですよね。うん。なんか、病気になってそうで、不憫だなぁ。自業自得と言うか、若気のいたりとは言え。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる