fc2ブログ
2010/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
菖蒲祭
 いつもご来訪ありがとうございます♪

 祖母に頼まれて送迎をした後、靴を買おうとショッピングに出かけるついで、毎年恒例菖蒲祭が開催されてるのとニアミス。
 寄ろうかと思ったのですが、人出の多さに、祖母も私もなんかテンションが上がらずに、素通り。

 来週の日曜もやってるらしいですが~。平日の通勤途中によったほうが、人出が少なくて楽そうだなぁ。悩みどころです。

 で、まぁ、新作DVDを返却と。
 レシートが旧作と入れ替わっておりました。
 返却はできましたが……どうにも最近の魚里は、何事もこんな感じ。
 なんでかなぁ。
 注意力が散漫なのだろうか。
 なんかに呪われてたりして……。と、人様のせいにしてみよう。一応人外かなxx

 靴はねぇ、甲高幅広で寸詰まりの魚里の足に合うのがどうにか見つかったので、二足購入。
 これまで履いてたのは、スニーカーでさすがに中敷がぼろぼろになってきたのですよね。汗をかいて湿気るので、さすがに通年同じスニーカーというのも考えものだなぁと、購入を決意。それでも数週間悩んだ魚里って。今はストレス解消の買い物周期なのかもしれない。いやだなぁ、これ。
 ちょっとしたホーキンスタイプのサンダルと、ストラップのついたガーリーな靴。
 両方ともサンダルにしたかったんだけどね。やっぱり、タイプを変えようとvv
 通気性がいいといいんだけど。

 えと、『エクソシスト』じゃなくて、『エクトプラズム~怨霊の棲む家~』見ました! 昨日の夜にチャレンジ。
 基本ホラーは夜には見ない魚里なのですが。
 そうですねぇ、実話ベースというのが笑えない内容なんですが。
 えと、ネタバレですが、ラストはハッピーエンドです。
 ホラーでハッピーエンドって最近じゃ珍しいので、ちょっとしためっけ物気分です。
 末期がんに冒された長男を遠方の病院まで送迎する際に、彼が辛そうなので、その地域で家を借りようと決意する家族。ところが、借りた家が、イワクツキの物件でした。と、よくあるパターンです。
 此岸と彼岸の境にいる長男には、かつて葬儀場だったというその家の霊が見えます。何かを訴えているよう。
 でも、ガン治療の副作用の幻覚かと、誰にも喋れない。
 そうこうするうちに追いつめられてゆく長男。家族たち。
 おそらくガンだろう長男が相談するようになった牧師だったか宣教師。彼に助けを求めて、霊は解放された……と思いきや。
 と、結構たたみかけるように進んでゆきます。

 はっきり言って、あんな家には住みたくないです。
 いや、見ればわかりますが、実はあんな物に囲まれてた地下の部屋を長男はよくぞ自室に選んだなぁ。
 それ以外にも、ガラスのドアの向こうはエンバーミングの処置質だよxx まぁ、後になってわかるのですが。わかっても部屋を移動しないのが既に取り憑かれている証拠なんだろうか。
 
 驚かせも、オーソドックスとはいえ、しっかりありますし。結構怖めかな~。
 でも、ラストがハッピーエンドだから、よし。ということでvv
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる