fc2ブログ
2010/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
こんな感じでしょうかね。
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます。

 ちょっと前から湧いていた話の冒頭部分がどうにかできました。
 ありがちな出だしなんですけどね~。
 本当は、もう少し違った出だしで、登場人物が他にもいたんですが。それは、おいおいってことになりそうです。
 このごろ、時間列に沿った書き方が多いかも。
 SSの予定だったのですが、短編くらいにはなりそうです。中編にはなってほしくないなぁ。

***以下。タイトルは未定。

 あれ?

 なんだっけ。

 あちこちに錆の浮かんだブリキの缶。

 そんなものが探し物をして押し入れを漁っていたら出てきた。

 小学生くらいのときだったか。集めた応募券で手に入れた、菓子メーカーのプレゼントだったような記憶がうっすらと頭をかすめる。中味はあちこちに散ってなくなっていったけど、缶からだけは残ったのだった。

 振ると、からからとやけに軽い音がした。

 何かがはいっているらしい。

 残ってる物があったのか?

 畳に座り込んで缶の蓋を開けた。

 かすかに涼しいかおりが立ったと思ったのは気のせいだろうか。

 どこかで嗅いだことのある、つんとした匂いだった。

「なんだこれ?」

 二センチくらいの楕円の珠だった。

 色は、カンロ飴のような色。

 質感は、

「プラスチックか?」

 すべすべと軽い。

 首を傾げる。

 なんだって、プラスチックっぽい楕円の珠をこんなところに入れてしまい込んでいたのだろう。

 しまい込んでたんだよなぁ。

 透明で綺麗だから、ガキンチョの頃の宝物ってところだろうか。

 どっかで拾いでもしたんだろう。

 そう思うと、なんか不思議と懐かしい気がしてきて、オレはそれをもう一度缶の中にしまう気にはなれなかったんだ。

 机の上に置いて見る。

 窓からはいる日差しを透かして、温かい色を机の上に落とした。

 探し物のことなんか忘れていた。

 もう一度取り上げて、今度は目の前で陽にかざしてみる。

 ぽつぽつと細かな気泡が見える。

 鼻を近づけると、つんと、少し刺激のあるようなかおりがする。

 缶を開けた時の匂いは、この匂いだったんだ。

 へぇ。

 ただのプラスチックじゃないんだ。

 だろ?

 プラスチックじゃそんな匂いなんかしないもんなぁ。

 不思議な玉をオレはズボンのポケットに入れて、忘れてた探し物を再開したんだ。

 従兄弟にゆずるからガキンチョのときに使った算盤を探してくれって言われてもなぁ。んな、一年も使わなかったろ、あれって。算数の時間だかにちょろっと基本的な使い方を習って、すぐにいらなくなったもんなぁ。

 ぶちぶちと言いながら押し入れを漁って、やっとのことで見つけたオレは、それをおふくろに渡して、友人との約束の場所に駆けつけたんだ。



 オレとしては、そのつもりだった。

 そう。

 まさか、な。

 オレの平穏な日常が、これでおしまいなんて、誰が考えついただろう。



「あり?」

 今日は土曜日だったから、悪友たちと連れ立って町に出かける予定だったんだ。

 待ち合わせ場所は、餓鬼の頃から変わらない。

 町外れの案外でかい神社だ。

 鳥居の奥には、かなり急な石段が続いてる。三十段くらいかなぁ。で、上りきると、狛犬がいて、境内なんだよなぁ。御神木って言うのが、樹齢なんかわからないってくらい古い松の大樹でさ。根なんか地面から盛り上がって、ヘビがのたくってるみたいに見えなくもない。もっとも、ガキのころはその根っこはいい遊び場でさぁ。木に登ったり根っこでバランスとりながら鬼ごっこしたりしたもんだ。今じゃ、町の有志が御神木に注連縄なんかしちまったから、気軽に遊べない雰囲気で、あまり境内でガキが遊んでるのも見かけやしない。

 ああ、そうか。

 あの玉の匂いって、松の木の匂いに似てたんだ。

 やっと腑に落ちる。

「しっかし、遅いよなぁ」

 約束の時間を軽く三十分オーバーしてる。

 携帯を取り出して、メールを打とうと思ったんだけど。

「なんでよ?」

 目が点になる。

 圏外ってマークが出てる。

 これまで圏外なんてここで立ったことないぞ。



*** こんな感じです。一人称は書きやすいような書きにくいような。不思議な感じです。最近三人称が多かったからかな。ブログ連載になるのか、しばらく放置して、またそのうちサルベージになるのか、ちょっと謎です。ご容赦ください。
スポンサーサイト



反動だね
 いつもご来訪&拍手ありがとうございます。

 最近、なるたけ無駄遣いはするまいとがんばっていたのですが。
 あまりにがんばりすぎると無理が出ますね。
 情けないxx
 昨日から反動が出る出るxx

 まぁ、今日ぽっちりしちゃったのは、探していた物だから、いいんです。いいのか? なんか、自棄だなぁ。

 細野不二彦さんの『ダブル・フェイス』21巻。四月に出てたのですが、魚里の行きつけの本屋さんが三月で店を閉めちゃったので、新刊がわかりづらい。魚里が毎回買ってるのとか好みそうなのとか、のけておいてくれたりしてたので、とっても助かってたのですけどねぇ。今はめちゃくちゃ不便です。
 で、どこの本屋さんに行っても、ないんですねぇ。これ。
 注文しようかどうしようか、悩んでたんですが。
 これだけ注文って、送料がかかるし。で、昨日の注文、よく考えたら一緒にすれば良かったのに、忘れてたりしてxx えい! これだから。
 最近魚里はどうもダメです。
 溜め息。
 で、まぁ、某サイトさまを拝見していて、ああ、そういえば我が家の爪ヤスリ行方不明だったなぁと、アマゾンさんで見てみましたら、結構好みの色があったりして。ついつい。でも、これだけだったら送料がかかるなぁと、やっとのことで、『ダブル・フェイス』21巻を注文する踏ん切りがついたのでした。ううむ。魚里って、なんか最近……。

 某サイトさまあの爪ヤスリ、日記にアップしてくださっててありがとうございます♪

 そんなこんなで、最近、コミックスやら小説の新刊がわからない。いや、『ダ・ビンチ』買えばいいんですが。なんか面倒になっちゃって。新刊情報しか読んでないのでねぇ。あとは、山岸凉子さんのバレエ漫画だけしか見てない。だって、芸能人がどんな小説読んでても興味ないもんなぁ。作家さんが読んでるのもあまり興味ないしxx だから、最近止めちゃって。ますますわからない。
 で、まぁ、アマゾンさんでいちいちググってたりする魚里なんですが。そうなると、自分が本当に読みたい本って何だろうってことになってきて。わからなくなるんですねぇ。
 最近じゃ、ほぼBLも買わなくなってますし。
 逆に読みたいと思っても、好きな作家さんが書かなくなってるし。
 なんか、枯れてるのかなぁ。魚里ってば。

 枯れてないと思いたいけどね。

 まぁ、枯れてない証拠(?)に、ちょこっと学園BLものを読んだりしておりましたが。
 おお! キラキラしいなぁ。
 何とも青春です。
 脇役主人公ってなんぞなもし? という興味から読みはじめたんですが。
 案外楽しい。
 が、いろんなサイトさまの作品を読みはじめて一週間ほどすると、ちょ~っとこれはどうなんだろうという箇所が出始める。
 全寮制男子校で、ほぼ九割が同性愛に関わるという設定はまぁ、フィクションなので笑って済ませますが。
 フィクションだから突っ込みどころじゃないよなと思ったりしつつ、でもちょっとこれはと思ったのが、上流階級の子弟が通う男子高の全寮制。で、復讐物。気にしなければいいんですが~取引を停止して相手の親の会社を潰す。まぁいいんですが。復讐する側としたらアリなんですよね。わかります。いいんですが~会社潰したら、何の罪もない社員さんたちが路頭に迷うじゃないですか。赤穂浪士ですか。と、その辺が引っかかって引っかかって。どうせなら乗っ取って~ってほうがいいと思うんだけど。ううむ。復讐者=加害者でもあるわけだよなぁ。やっぱり。
 リストラ経験者には、辛かったりしたのでつい。
 うん。
 お話自体は面白いんですけどね~。
 おそらくは、バッドエンドかなと思ったりもしないではないんですが。どうだろう。
プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる