fc2ブログ
2010/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
チョコレートケーキ






 あ、なんかヤな予感。

 目の下をピンクに染めて、アルトがオレを見上げてる。

 その後ろで歳不相応な笑いを口元に刻んでいるのが、オレの甥っ子の史月だ。

 あ、と。

 アルトは、有人って書く。オレはもっぱらアルトって呼んでるけどな。えと、戸籍上は、オレの弟になる。けど、オレとの血のつながりは、まるっとない。昇紘の甥っ子なんだよな。

 ふたりとも幼稚園の年中組だったりする。

 今オレがいるのは、オレ専用のリビングだ。古い城を外国から移築したって言うのが、籍の屋敷だから、部屋だけは腐るほどある。そのひとつなんだけどさ。この部屋の奥に、まぁ、オレの勉強部屋はあるんだな。オレは、リビングにいるほうが多い。テレビを置いてるのがこの部屋って言うのもあるけどな。こっちのほうがゆったりできるし、庭側の壁が全面ガラス窓だから明るいっていうのもある。もう夕方だし、暗くなってきてるけどな。ともあれ、オレは、テレビをかけながしながら、課題を片付けてる最中だったんだ。

 来週までにレポートというか、英作文を提出しないといけないんだよなぁ。

 なんで英文科なんかに進んじまったんだか。

 潰しがききゃあしない。

 まぁ、卒業したって、就職はさせてもらえなさそうだけどな。

 この間の喧嘩の原因がそれだったし。

 あいつのパートナーって言うのが、オレの現実だからしかたないのか。

 溜め息だ。

 やりたいことでもあれば逆らえるんだろうけど、これと言ってやりたいことがないのが、オレの敗因だろう。

 どうせ草食系男子だよ。ほっといてくれ。

 おかげで、肉食系のあいつにがっつりととっ捕まっちまってる。

「ね。イクちゃん」

 にっこり笑うアルトの隣に、いつの間にかシロがお座りして、オレを見上げてる。

 しっぽが全力でぴろぴろ揺れてるのが、可愛いが。

「あ? ごめん。聞いてなかった」

 とたん、アルトの顔から笑顔が掻き消える。

 う……。

「悪かったって」
 オレはしゃがみ込んだ。

「で? もっかい言ってみな」

 チロリと史月を見ると、後頭部で腕を組んで、なんか楽しそうだ。絶対何か変なことをアルトに吹き込んだに違いない。

「あのね。チョコレートくれる?」

「はい?」

 チョコが食いたいのか?

 ローテーブルの小皿の上に、今日大学からの帰りに買って来た板チョコがあるけどさ。あれは、ビターだぜ。

 おちびには、きつくないか?

「甘いのが好きだよな」

「うん」

 満面の笑みだ。

 引き取られて来てまだ二月になんないけど、この笑顔が見れるようになるまで、かなり時間が必要だった。

 仕方ないよなぁ。

 ここに引き取られたのが、両親の死がきっかけとあっちゃ。

 アルトからこの笑顔を引き出したお手柄は、彼の横にいる、グレートピレネーズの子犬の、シロにあったりする。クリスマスプレゼントにシロを見つけたときのアルトの笑顔は、凄かった。それまで萎縮していたのが一気にほぐれたみたいな感じでさ。オレも、それを見てほっとしたんだ。

 オレは、それまでだって一応ねーさんから史月を預かったりしてたから何とかなるだろうと軽く考えてたんだけどな。実際は大違いだった。

「今はビターしきゃないから、今度買って来てやるよ」

「ちがぁう」

 アルトが首を振る。

「チョコが食いたいんだろ?」

「食べたいんじゃない。イクちゃんからほしいの」

 食べたいわけじゃないんだけど、ほしいってか?

「ごめん。わからん」

 まだ日本語が不自由なんだなぁ。外国で暮らしてたらしいから、しかたないけど。

 オレは、史月にSOSを求めた。

「イクちゃん、明日何の日?」

 アルトと同い年なのに、変に大人びた訳知り顔で史月が聞き返してくる。

「明日? あしたっつーと、二月……の………げっ」

 床に座り込む。

 いや。へたり込んだ。

「史月ぃ、おまえ、なにを教えたんだ?」

「バレンタインデーだよ」

 毎年イクちゃんがチョコレートケーキをくれるんだって。

「イクちゃん。アルトのこと、好きだよね?」

 おずおずとわくわくの混ざり合ったような、不思議な感じで言われて、オレは複雑な気分だった。

 もちろん、嫌いなわけはない。懐いてくるちびっ子は、可愛いさ。

 けどな。

 バレンタインのチョコレートケーキって。

 毎年って。去年が最初で最後のつもりだったのに。ねーさんところで高級チョコを見つけてふらふらとチョコ作ったのが原因か。去年のバレンタインが脳裏をよぎる。家に帰ってから昇紘に見つかって、勘違いされて、さんざんだったんだよなぁ。


 今年もか……。

「はいはい」

 オレは、観念してアルトのふわふわの髪の毛を撫でたのだった。







 お、落ちなかったxx
 ちょ~っと手直ししてみたのですが、おじさんの登場する余地ができませんでした。
 ふむ。
 『自業自得』のイクちゃんですね。
 某さまとのメールのやり取りで、鬼のように裏設定が出来上がっておりますvv ありがとうございますTさま♪
 少しでも楽しんで頂けると嬉しいのですが。
 ちなみに、アルトと史月は、同い年。この時点で幼稚園年中さんです。
 史月はおねーさん夫婦が忙しいので、なにかといえばイクちゃんに預けられます。イクちゃんがいなくても、誰かがいるお家なので。一年の半分以上はいる計算かな。ほぼイクちゃんのこどもみたいなもんです。NGですがvv
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる