fc2ブログ
2010/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
悪魔のルーツ
 いつもご来訪ありがとうございます♪

 『刑事タガート 悪魔のルーツ』を見ました♪ めちゃくちゃ古い話なんですが。スコットランドテレビのプログラムで、131分。長いvv おそらく時代が1988年か7年。時代を感じます。この辺りのときは、魚里イギリスにいたようないなかったような? 一応スコットランドも行ったんだけどなぁ。この話自体知らなかったからな。残念。
 閑話休題。
 金貸し兄弟が次々と殺されて行くという話なんですが。
 ちょっとパッとしないなぁ。
 タガートの部下のマイケル・ジャーディン巡査部長(?)は少々惚れっぽいのか。ともあれ、このころのジャーディンはまだ初々しいというか、なんというか、死体を見て吐くんですよね。ルーキーにはありがちではありますか。
 タガートさんはタガートさんで、娘さんの連れて来た恋人のせいであまり集中していないし。
 で、なんでこう今一感が強いのだろうと思ってたら、ジャーディンの部下がいないから。そうか。魚里は、ジャーディンが警部補になってからの話のほうが好みなのだな。と、納得。部下の個性が強くて好きなのか。ゲイとタラシと女刑事。この女刑事とジャーディンの関係が一番のごひいきかもしれない。
 ハンサム度で行くと、このころのジャーディンのほうがシャープでハンサムなんだけど、ぽっちゃりと中年太りしだしたあたりのジャーディンのほうが好きなのだろうか? ぽっちゃりした体型とは反対に、性格にとげとげが目立つようになるのは、おそらく警部補という肩書きのせいだろう。
 古いし、スカパーで見てる人は見てるだろうし。ネタバレ覚悟で。
 悪徳高利貸しの兄弟が殺されて行くんだけど、その原因が、彼らにかけられたえん罪のせい。といいますか。ふたり組の刑事が、過去に、彼らの名前を騙って女優志望の女の子をレイプしたせいで、彼女の父親が彼らに復讐をするという内容なんですね。
 謎なのが、途中で殺された、無関係の金貸し。これは、レッドへリングってヤツなのか? 言及されてなかった気がするんだけど。
 手を下したのは、彼女の父親なんだけど、彼女は犯人を知っていて黙っていたから、罪に問われるんだよね。
 でも。
 彼らじゃないと言うのが遅過ぎですよ、おじょーさん。
 言いたくても言えなかったのか。
 可哀想に。
 ちょっとだけ、父と娘の対比もあったのかな。
 犯人と娘。
 タガートと娘。
 ……かもしれない。
 私としたら、犯人の娘さんが、高利貸しの長男(殺されず)の奥さんの若い時の娘か…と、邪推しちゃったいvv
 違ったか。
 悪徳高利貸しだったため、誰にも悲しんでもらえない被害者。と、巻き込まれた良心的な金貸し。
 シェークスピアの昔から、金貸しは悪人と看做されがちだもんね。
 しかたないのか。
 お約束。
 ともあれ、悪徳刑事ふたりも逮捕されたので、良しとするしか無いのだろうが。
 ジャーディンは最後まで、女運が悪いよな。部下の女刑事と引っ付いていたらしあわせだったと思うんだけど。今となっては、無理。なんせ、かなり後に、殉職するから。その殉職の仕方も、ううう、可哀想すぎる殉職の仕方だったのだ。
 しかしま、地味な話ではありました。
 カーチェイスも無いもんね。
 最後近く、悪事が露見しそうだ~とあたふたした悪徳刑事が車で逃げ出すあたりがちょっとしたチェイス? って、誰も追っかけてなくて、前から警察の車が来るというなんか、間抜けなオチですが。
 ま、久しぶりに今まで見たことが無かった内容を見れたので、それで良しとしておこうvv

 あとは、茶々とジュニの写真をアップしておこう。
茶々と001茶々と002

ジュニと001



スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる