fc2ブログ
2009/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
更新
 今月二回目の更新。といいつつもう今月終わりますけどね。

 しかも、二年近く放置状態だったシリーズモノ。
 ま、まぁ、まだ放置物あるからなぁ。ちょっとずつかたずけて行きたい魚里です。

 しかし、タイトルがあれですが。
 ないようも、あれです。
 魚里には珍しく、そういうシーンを書く気満々だったのですが。
 書上げるまでに1日近くかかってる。ま、それだけにかかずらわってたわけではないのですが。言い訳。
 ただし、本来のタイトルは、『救出』とするつもりだったので、気力と集中力の欠如が如実に現れてると思われます。
 まだ、郁也クンは助け出されないのですね。いつになるのか。
 ほんとはね、いつものごとくするっと助け出されるシーンに入る予定だったのですが。
 それではやっぱり極道かなと。
 『間の楔』を見てテンションをあげて、よし、書こう! とばかりに取り掛かったのですがね。
 やっぱ、魚里は、その手のシーンは、へたくそです。
 淡々としてるな。
 こんなのでも少しでも楽しんでもらえると嬉しいというのが本音ですけどね。

 You asked for it. のシリーズですが、少々時間軸が変化してきます。
 えとね。

 『花』 → 『ハプニング』 → 『おしおき』 → 『試験勉強』 → 『略奪』 → 『陵辱』 → ??? → 『盲』 → 『堕』 → 『虹』

 という順番に変更がかかります。

 もともと時間軸があやふやだったので。仕方ないですけどね。
 だから、少々、変なところが出てくるんですよね。
 ご容赦ください。
スポンサーサイト



末吉
 『ストーン・カウンシル』と『ホットロック』の2本。

 『ストーン・カウンシル』
 続編作る気ありありな終わりでした。
 故に、今一vv
 最初っから何部作とか表記しててくれたら、見なかったのに。
 映画の続き物は気になったらまとめて見るか、まるっと無視するかです。
 めんどいもん。
 やっぱり、フランス系の男盛りな男優さんは、あまりハンサムとか感じませんでした。あれは、男があこがれるかっこよさなのだろうか? よくわからん。どちらかというと、枯れた渋いオジサマたちのほうに魅力を感じがちだったり。これは、単に、魚里の趣味ってことなのか?
 何気に見たことあるような男優さんが。もしかして、フランスの刑事ドラマに出てた? タイトル忘れてますが、途中でとんでもない理由で退職する刑事さんに似てる気がする。

 『ホットロック』
 ロバート・デニーロの若い頃。違った。ロバート・レッドフォードだった。
 若い。
 若過ぎる。
 なんか、『タガート』シリーズのジャーディン警部補を思い出してしまった。端整度でいうと、若い頃のジャーディン警部補のほうが端整なんですが。年取るとジャーディンさんはぽっちゃりさんになるのですけどね。
 良くも悪くも、古い映画ですな。
 テンポと乗りに嵌れなかった。
 途中でリタイア。
 残念。
プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる