fc2ブログ
2009/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
中吉
 脳トレとりあえず22歳。う~ん。ホントかねぇ………。

 『エド・ゲイン』
 なんか、そうなんか。で、終わってしまった。
 実話なんだからそんなこと考えたら悪い――と思いつつ。副保安官、ちょっと。ごめん。
 色々とぼやかしてるので、さして、怖さはなかった。
 10人殺したか墓あばいてたりしたのに、殺人の罪自体は2人分なんですか。でもって、責任能力なし。精神病院で84年に死んでしまうまで生きてたのね。
 これは、副保安官とその恋人がクライマックスで言ってた台詞とは真逆のラストということで、現実の不条理さというか、法律の柔軟さなのか融通の利かなさなのか。ぐるぐる。
 中途半端なイメージでした。

 『呪歌』
 インドネシアかな~のホラー。
 これまで手にしたことがない国のホラーなので、文化的素地がないからどうかなと首を捻りつつ。
 怖くないです。
 はい。
 伝承色が強めの話かなぁ。
 ヒロインのどっちつかずなふらふらさ加減が、ラストまで。あんた何がしたいんねん。突っ込みまくりです。が、まぁ、恋人も頼りなさそうな相手なので、結局あのラストは仕方ないのかなぁ。でもって、あくまで脇役なんだけど意味ありげな管理人の女性、逃げたはずなのにしっかり戻ってるのは? ラスボス系かと期待した貴族の末裔の女性が、どうも最後まで首尾一貫してくれないので、なんか拍子抜け。
 根底に、なんか、言い知れないポジティブさが流れてるような気がしたのですが。
 身につまされないというか。迫ってこない。
 もう少し捻って欲しかったな。
 何のかんのと、女性は強い。

 『Hot Fuzz』
 ホットファズでした。ファッジってxx
 イギリスが舞台のなんかよくわからん警察アクション。
 よくわからんというのは、どうもこれ、アクション物のパロディらしく。魚里最近アクションから遠ざかってたので、元ネタがわからなかったってあたりですね。
 ストーリー説明の、検挙率400パーセントの巡査部長ってあたりがありえんだろう。もっとも、周りが目立たないとかなんとかな理由で、ロンドンから田舎に左遷されるって言うのは、どこででもありそうですが。
 その田舎が、イギリスで一番の村って言うタイトルを二十年近く保持してて、凶悪事件とは無縁だ~ってとこなんですが。実はそんなわけもなく。秘密結社めいた組織が暗躍してるのでした。それに気づいたのが、主人公だけで、周りは、彼の主張を聞いてくれなくて、追い詰められた彼が切れちゃって、風光明媚な田舎の村で怒涛のアクションの幕が切って落とされるのでした。
 と、そういう話。
 話は面白いです。意外な、殺人の理由とか。何度も主人公に電話をかけてくるロンドンの警察の用件とか。
 どうにも、魚里、主人公が、ロバート・カーライルとか『タガート』のフレイザー巡査部長に見えて仕方なかったんですが。似てる感じがするだけでしたけどね。で、ロンドンの警視とか田舎の警官の中のオジィちゃんが、ラルフ・ライアック氏に見えて仕方なくて、キャストに目を凝らしたんですが。載ってなかった。ちがったのか。ま、まぁ、よくいるジィちゃんタイプだしな。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる