fc2ブログ
2008/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
なつかしの
 今日から三連休――と、わくわくしながら、古い漫画を詰め込んである本棚を漁っておりました。
 ずっと読みたくって探してた漫画が数タイトルあるのだな。
 で、まぁ、なんとな~く読んでしまったのが、『スケバン刑事』。いや~懐かしいぜ。全22巻は結構読み応えありました。気がつけば昼過ぎてましたからね。ところでこの漫画、今二十代の人には通じないのだよ。時代を感じますな。
 でもって、他に探してたのが、『少女鮫』全10巻と、『幻惑の摩天楼』全5巻だったりして。ありました。無事見つかりましたなぁ。でも、なぜか、『銀の鬼』がみつからなかった。同作者の『オレは薔薇』と、もう一冊主人公が好きになるのが皇帝ネロっていうもの――が、あったけどね。しかも、皇帝ネロってやつの最後のシーンを『銀の鬼』の最後のシーンだと勘違いしてた自分にも気づきました。あれ?
 この本棚にある漫画で一番出版年月日が古いのって、もしかしたら、河あきらさんの『あなた笑うよ』か、ひだのぶこさんのマーガレットコミックスかもしれないですね。ああ、古いわ。『ふるさとの歌は聞こえない』だろうか? ま、この辺近いよね。
 すでに魚里のコレクションから消えている漫画家さんで、高丘千栄子さんってかたがいまして。この人のコメディ物も読み返したいのだけど。古本屋あさっても見た記憶がないのですよ。『たけるのみことは鎮静剤』とか『のぞみさん僕に望みを』とか『ひなつのいる庭』とか。『ひなつ~』は、少々シリアス系でしたけどねぇ。

 そんなこんなで古い漫画に浸っていた魚里ですが、たった今最新刊を一冊読みましたvv
 樹なつみさんの『ヴァンピール』1巻です。オカルトで心理学系でしょうか。ホラーといってもいいのかな。このままのトーンでつづいていって欲しい話です。どこか、痛々しくひんやりとして硬質な。こういうのって、好きですね。うん。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる