fc2ブログ
2008/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
自分バトン & 映画、行ってきました~。
 竹流さまよりバトンタッチされました、自分バトン。魚里の答えは、読まれる方には面白くないとは思いますが、答えてみますね。

Q1.自分のPNがあれば、どういう理由でつけましたか?
A. 本名がありがちの名前なので、あまり見ない名前にしてみたかったんですよね。でも、漢字は難しいのを使いたくなかったのです。く、苦しい理由ですがvv

Q2.一日デート権を貰いました。さて誰とデートしますか?
A. もちのろんで、高遠くん! なんですがね。魚里の答えですし、意外性がないですねぇ。小説だと、メルローズ・プラントさんなんて、どうでしょうか。なんかデートひとつでもめんどくさがりそうな小父様ですけど。小父様お膝もとのパブでお話でもいいですvv ついでに三次元だと、『パンズラビリンス』の大尉役の人vv あくまで大尉じゃなく、俳優さんということで。名前チェックしてませんがね。

Q3.一番好きな異性キャラに言わせたい台詞は?
A. 魚里に向かってですか? それとも、相手キャラに向かって? 魚里に向かってだったら、隣に座って沈黙――で充分です。相手キャラには、「愛しています」でvv

Q4.最近注目している萌えをひとつ挙げるとしたら?
A. な、ない?! こ、これは、淡白にしても、あんまりだろう。う~ん。最近特にっていう萌えはないですが。今も昔も、ただひとつ、《執着》だけに萌えてます///

Q5.絵や文をかくときに、音楽は聴きますか?
A. 基本、音はいりません。昔は、聴いて浸りながら書いたこともありますが。集中しちゃうと音なんか聞こえませんからねぇ。

Q6.最近面白いと思った作品(本、映画など)を教えて下さい。
A. 『パンズラビリンス』『ヘアスプレー』。ゲームだと、『ビタミンエックスエボリューション』。斑目君が可愛いですvv 小説は、最近、新しい作家さんと出会えてないので、ないんですね。寂しいですが。

Q7.手首を握られるHと、手を握り合うHと、手首を握るH、どれが好きですか?
A.手首を握られるHが好きですねぇ。これしか書いてないかも。

Q8.最近、萌えた作品を皆さんに熱くお勧めしてください。
A. “萌え”た作品………なんかあったかなぁ。

Q9.好きなキャラ(実在する人でも可)とご飯を食べに行けるとしたら何を食べに行きますか?
A. 意外性を目指して、高遠くん(どこがや!)と、フィッシュ&チップスなんてどうかな。意外じゃないか。湯気が立つのを手に持って、公園で食べるなんて気持ちよさそうですけどね。高遠くんはソルト&ペッパー派? それともビネガー派だろうか? 魚里はやっぱ、塩コショウで食べたいなぁ。

Q10.貴方の萌の漫画ベスト3を教えて下さい。
A. “萌え”ねぇ………好きな話なら数え切れないくらいありますが。やっぱ、サイトで書いたりしてるのが一番の“萌え”ではないかと。うん。 

Q11.一日かわれるとしたら誰とかわりますか?(実在しなくてもOK )
A. 手前味噌で汗顔のいたりですが、“Say you love me.”のあかりちゃんと代わってみたいかも。

Q12.願いが一つ叶うなら何を叶えますか?
A. 全部の願いを叶えてください! 欲張りにもほどがあります///

Q13.あなたの好きになるキャラの傾向は?
A. ………へたれかもしれない。どれだけでも冷酷になれるのに、最後の最後で、詰めを誤るタイプらしいですね。ナイフが飛んできそうですけど。

Q14.これがないと死ぬというものを挙げてください。
A. 空気――というのは冗談ですが。なんだろう?

Q15.無人島に一つだけ持っていくものは何ですか?
A. 諦観。これがあれば、なんでもやれそう。逆説過ぎですかね。

Q16.質問に答えた感想は
A. 難しかったというか、新しいものに対する情熱がなくなりつつある自分が、怖かったですね。

Q17.バトンをまわす五人を絶対に指名してください。アンカー禁止。
A. 五人って………魚里基本的に社交的じゃないですからねぇ。う~ん。ここ見てくださってるかどうかもなぞですが。かんすさま。バトンタッチさせてください。残りの四人の方は、これを見て、面白そうと思われた方で。どうぞvv


 結構難しかったですが、最大の難問は、Q. 17の、次に回す方ですねvv
 竹流さま、ブレインストーミングさせていただきました~vv ありがとうございます。こんなんで、大丈夫でしょうか? ドキドキ///


************


 以下、映画の話ですが、『コナン』シリーズのファンの方は読まれないほうが、無難です。念のため。結構魚里毒吐いてますから。

 映画、行ってまいりました。
 で、しっかり、2本、見てしまったりしてvv
 結果は、まぁまぁかな。
 以下、いつものごとく、ネタバレ含みます。多分ね。

 『王妃の紋章』―――英語で、“金の花の理由 ”と書いてありましたが。うん。まぁ、そうですよね。ダイレクトに。魚里はまた、王妃様の名前が金の花っていうのかと思ってた。そういえば、名前、出てたっけ? なんつーか、王と王妃の盛大な夫婦喧嘩、しかも、冷戦……に、巻き添えにされた周囲の悲劇って感じですかね。
 どっちもどっちや。このふたり。
 内容は、深いような浅いような。観客にお任せなんかもしれん。
 ただ、見て損はしなかったと思うのは、大胆な色使いの美しさ。細部まで凝ってる色彩の魔術ですかね。あと、制作費がどんだけかかったんだ~ってくらいの、大仕掛けと人員の投入。なのに、内容は、夫婦喧嘩。命かかってますがね。めちゃくちゃ。
 暴言を承知で、日本の映画がしょぼいのは、あらゆる点で、大胆さが乏しいからだと思われます。いろいろ規制とかあるんでしょうがね。
 お話は、なりあがりの王と、梁とかいう国の王女だった王妃が互いに互いを憎んでいるのか邪魔だと思ってるのか、殺しあうみたいな話です。
 王様役は、存在感あります。存在感だけ? いや、そういう役だからな。もっとも、男としては、最悪の部類です。あれはないだろう! 女性から見たら、多分そう思うと思うよ。憎憎しいぞ。
 王妃は、なんか、最初のうち、王妃なのになんで品がないんだろうって思ってしまった。王妃より、やくざの情婦っぽいっていうのは、言い過ぎか? ただ、王に毎日毒を盛られてるのを知りながら、逃げようがなく毒を飲まざるをえないっていう点は、同情に値しますが。ただ、だからって、第一王子と不倫しちゃいかんでしょう。(いや、不倫したから、毒を盛られてるのか。)しかし、それが理由で、王を殺そうとするのは、王妃としてというか、すでに、人間としてどうかとxx
 でもって、王妃に熱愛されてるらしい第一王子。もちろん、王の前妻の子供です。へたれです。きっぱり! 自分が王に向いていないと自覚してて、王位継承権を返上させて欲しいと二度も王に言ってるあたりは、結構根性あるみたいですが。でも、やっぱ、へたれ! さいごまで、へたれです。彼。王妃と犯した罪から逃げよう逃げようとし続けております。王妃はいったい、彼のどこに惚れたんだろう。
 王妃の実子、まぁ、根性はあります。母親思いです。オイディプス・コンプレックスが、男の子だから、少々あるようで、それで、結局母親の側につくのですが。一番可愛そうな人かもしれない。かっこいい見せ場もたくさんあるんだけど、巻き込まれ型で、情にがんじがらめになってしまった可愛そうな人。母親が造反した原因を、この人は知ってたんだろうか?
 第三王子。――――あそこで、造反するだろうとは期待してましたが、いかんせん、ティーンエイジャー。詰めが甘すぎ。実力不足。誰にも愛されてないからって、爆発したのはいいけど………。彼も犠牲者といえば犠牲者ですが、王位を欲しがった点が、魚里から見てマイナス点だった。まぁ、愛情を得られないなら、王位を貰いたいって代替行為なんでしょうけどね。この子の母親って、王妃……なんだろうか? だとしたら、王妃、悪すぎxx 愛妾の子なんかねぇ。なぞ。母上とは呼んでましたけど。
 ラストがなぁ………あれはやっぱ、結末は観客のご随意になんだろう。
 もっとも、誰もが、想像するのはアンハッピーエンドに違いない。

 でもってもう1本。
 『名探偵コナン 戦慄の楽章』でしたかね。スコアでしたっけ?
 暴言を承知で。年々、内容が、劣化してる。
 面白くなかったっすxx
 犯人も人間関係も、想像通りで、見せ場もない。最初の数十分で犯人は割れましたぜ。なんで彼女が狙われるのかも、わかり安すぎ。――ああ、子供向けだっけxx 忘れる。つい。
 魚里、前にも言いましたが、コナンの劇場版の売りは、アクションシーンだと信じておりますので、これは、なんか、物足りなすぎでありました。
 これは、魚里の好みの問題なんですけど、蘭ちゃんと新一くんの恋愛はまるっと興味ない――っつーかうざいとしか思えなくなってるので。親子二代でよく似た相手を選んで……とか思うとな。まぁ、それでいうと、佐藤さんと高木君の恋愛モードも、魚里的には、うざいんですけどね。佐藤さん、警視庁のアイドル化しすぎで、見てるとしんどいし。やっぱ、少女マンガ(これは少年マンガですがね)のヒーローは結婚しちゃいけませんってセオリーは正しいと思われますな。結婚はしてませんが、出来上がっちゃってますもんね。少女マンガだと、出来上がった時点でそのふたりのお話はハッピーエンドで終わりだしなぁ。最近はそうでもないか?
 高木君自体は好きなんですが。
 あとは、園子ちゃんvv
 ところで、コナン君、めちゃくちゃ音痴だって設定なのに、あれはありなんだろうか? 音痴って歌だけに限られるのか? そうなんか? あまりにもオールマイティー化し続けてるよなぁ。ちょっちうんざり。
 この内容だったら、別に劇場版ってしなくても、テレビ版の番組改変スペシャルくらいが適当な気がしてならなかったのでした。
 来年は、見ないかな。
 わかんないですけど。
 前の年のよりは面白いかもって思って見に行ってるからなぁ………xx
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる