fc2ブログ
2008/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
ネタというのもないですが。
 とりあえず、日明恩さんの『それでも警官は微笑む』を完読。―――って、再読なんですけどね。でもって、加門七海さんの『蠱』――これも、再読だったり。
 給料日前なので、そうそう新刊を手に入れてる余裕はないのだな。うわぁ、なんか、切実。
 欲しいのは、日明恩さんの『煉火』だったかなぁ。タイトルうろ覚え。ただ、シリーズ前の話が、文庫になったので、文庫を待ちたい心持ち。でも、読みたいなぁvv
 明日、朝、何読もうかな。悩みどころだ。
 別に、昨日の黒猫妄想をメモってもいいんだけどね。朝から化け猫復讐物を書いてたらその日一日がしのばれそうだしなぁ。
 今日も会社で萌えてたんだけど、進まん。いや、仕事が今ちょっと忙しかったり。
 いきなり仕事の量が増えるわ、機械が変わるわ、その機械が一台しかないから、割り込みさんがたくさん来るわで、進まん進まん。結構、きついですよ。おかげで、今日も残業xx でも、終わらなかった………xx
 なんか文脈がラリってますな。我ながら。
 化け猫物っつーと、櫂広海さんってレディースホラー漫画家さんのシリーズ物の中にもありますが。うう。なんか、書いてたらああなりそうで。でも、まぁ、魚里の書くのは、ジュネだしな。とはいえ、この方、かつてジュネで小説書いてらしたり。読んだことはありませんが。ちょうど、魚里がジュネから離れてた時期に書いてたのではないかと。多分そうだと思うんだけどね~。
 そうそう、ジュネといえば、魚里が絶対手をつけられないパターンというのがありまして。読むのも少々苦手ですので、絶対書けないってパターン。お話の色づけとして、さらっと触れるくらいならどうにかなりますが、主人公の少年を、男娼にするというのが出来ない魚里だったりします。
 尾篭な表現なのかどうか、わからないのですが、ともかくシモネタっぽいので少々、照れます。あの、魚里は、基本、一穴主義ですのでxx あ、これは、責め側の視点ですかね。受けから言えば、なんだろう。とりあえず、受けにとって、相手が最初で最後の男っていうのが、魚里の基本スタンスらしいです。だから、書けない。うん。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる