fc2ブログ
2006/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
ふっふっふvv
『妖 刀  暴れん坊主上顛末記』どうにか書き上げることができました。
 魚里、やりとげましたっ! けど、今の魚里にはあそこが精一杯です。
 や~楽しかったけど、疲れましたvv
 あれっ? なところもありますけどね。所詮、魚里の時代劇の知識ってこんなもん。ご容赦。
 しかし、つくづく魚里は腐女子よね。うん。まぁ、今更なんだけど、なんで、ふつーに、事件を男女関係で書けないんだろう。男女物事件バージョンに直そうともしてみたけど、玉砕。でけんxx 第一、女の子を浅野くんと同じ目にあわせるのは、魚里的に、辛いものがある。凄い発言ですが。なんだろう。浅野くんは男の子だから、苛めやすいのだろうか? うわxx
 でもって、どうも、山田朝右衛門氏を出そうとしたことで、刀がらみにしたい → 妖刀にしよう。という思考の流れが、浅野くんをより一層の不幸に陥れたらしい。
 山田氏といえば、元の時代劇で、首切り役という業のため家の仏間にずらりと蝋燭を立てて念仏を上げているというそういうシーンが、強烈に記憶に残ってるのですが。さて。とにかく、朝右衛門さんは、好きでしたねぇvv
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる