fc2ブログ
2005/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
すっきりした~♪
 そう大げさなものではないのですが。
 ず~っと探していた音楽のタイトルが、やっと判明したのでした。
 えとね、『花の季節』といって、ジプシー民謡と信じていましたが、1917年くらいにロシアの作曲家が作った歌で、革命中だったり、時の権力者に作曲家が嫌われたりと色々な変遷を経て、外国で亡命者が歌って有名になったという過去があるみたいです。そんなわけで、ロシアの歌とはロシアの人たちも知らなかったらしい。『長い道』『遠い道を』とか、色々な歌がある模様です。
 1968年くらいに、メリー・ホプキンと言う女優さんが映画の中で歌うか何かして、有名になった“Those Were the Days”邦題『悲しき天使』というのがCDであるそうです。
 そんなわけで、すっきりしました。

 魚里が好きだった詩は、以下です。

1.遠い道をただ馬車は過ぎてゆく
  冬の静かな夜森は今眠る
  時は巡り町の空に光あふれる朝は
  燕たちが呼びかけるよ
  花の季節がきたと
  ラララ ラーララ ラララ ラーララ
  バラの花束投げて娘たちと踊れ
  今日こそ燃える炎のように

2.暗い道をただ馬車で今日もゆく
  揺れるランプの灯に結ぶ旅の夢
  時は巡り町の空に光あふれる朝は
  燕たちが呼びかけるよ
  花の季節がきたと
  ラララ ラーララ ラララ ラーララ
  バラの花束投げて娘たちと踊れ
  今日こそ燃える炎のように
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる