fc2ブログ
2005/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
魚里の本棚 5
20051105202107.jpg

 こちら側は漫画ばっかり。まぁ、上のあたりには、漫画じゃないのも乗っかってますけど。『屍鬼』上下が横たわってたり、『孤宿の人』上下とか、なぜか『月形龍之介』なんていうのもvv でも、やっぱり、基本的に漫画。ハーレクインコミックス版とか、池田さとみさんとか、漆原友紀さんとか、河あきらさんとか、とかとか。

 今日も引き続き、少々やさぐれ魚里なのでした。

◇ちょっと思い出したので。

 前の日記に『イチジクの実を喰った女』って書きましたが、『イチジクを喰った女』でした。色々これまでもタイトルとか名前とか間違ってますが、直す気力がなかったのですが、これはちょっと直してみました。
 シリアルキラーとも書きましたが、一応殺人は一回みたいです。って、最初のあたりを読んでから4年のタイムロスがあったので(びっくり)、最初の数十ページは忘れてるって言うのがほんとのとこ。時代は、1910年辺りだそうで。この時代、ルドフル皇太子はまだ生きてたっけ~? 調べりゃ済むことを調べない魚里でした。色々歴史こぼれ話的なことが出てきて、面白です。うん。オットー大公の病気のこととか。で、どうもその病気が、おっきな意味を孕んで、イチジクと絡むらしいのですが。読みながら貫井なんとかって日本のミステリ作家の『妖気惨断譜』(ちょっちあやふやなタイトルですが)と、その続編を思い出したのでした。同じ病気が重要なファクターだったりする明治時代が舞台の話です。明治っつーと、やっぱ、時代的にも近いなぁ。う~ん。ウィーンと東京色々似てたりするのか?
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる