fc2ブログ
2005/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
孤宿の人
 タイトルは、宮部みゆきさんの新刊です。
 二日かかって、完読しました♪ 頭痛い気分悪い~とわめきつつ、先が気になって、しかたなかったのでした。
 最後、泣きましたとも。はい。
 もう少しどうにかなったのではないかと思いつつも、感情移入した少女に導かれるように、どっぷりと。
 彼女の名前の変遷は、話の流れ的に意外ではないですが、ふたりの心の交流を端的に現しているのに、ぴったりだよなと。二人の交流は主眼の一点ではあるのでしょうが、メインじゃないので、しょうしょう、あわあわと、淡々と、書かれてましたが、それが、ある種の趣を生むわけで、やっぱり、うまいひとが書くと違うよなと、感心しきりでもありました。
 一応時代劇ミステリィかなと思わないでもないので、あやふやのままで伏せておきます。

 えと、今、頭の中には、(『羅生門』+『青頭巾』+『大江山の鬼』)÷3風の、昇紘x浅野が、めぐっております。滅茶苦茶ネタバレですがね、こう書くと。まぁ、いいんですが。パラレルパラレルって感じですかね。
スポンサーサイト



プロフィール

魚里

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる